ページの先頭です。

2016/12/12 13:01

ニュース

富士通FIP、丸石製薬が「パーシヴAce/PV」でR3様式による症例報告を実施

 富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)は12月9日、医薬品の安全性情報管理システム「FUJITSU ライフサイエンスソリューション tsClinical パーシヴAce/PV」の「ICH E2B(R3)」対応版を丸石製薬(井上慶一社長)に提供し、パーシヴAce/PVとしては初となる、R3のガイドラインにもとづく様式(R3様式)での症例報告が行われたと発表した。丸石製薬のパーシヴAce/PV R3対応版は、10月24日から稼働している。

 製薬企業は、副作用や感染症によるものと疑われる症例などを知った際は、薬機法の規定により、定められた期限内に医薬品医療機器総合機構(PMDA)に対して報告する必要がある。PMDAには、医薬品規制調和国際会議(ICH)で定められたE2Bでの症例報告が義務づけられている。従来は、「ICH E2B(R2)」のガイドラインにもとづく様式(R2様式)が用いられてきた。

 富士通FIPでは、「パーシヴ シリーズ」を1995年に発売し、その後、2003年にR2様式に対応。これまでに丸石製薬をはじめ60社以上の製薬企業に利用実績をもつ。しかし、R2は汎用性に乏しかったため、ICHが全面的に見直したR3へと改訂を行った。この改訂に対して厚生労働省は13年9月に、原則としてPMDAに対しR3様式での症例報告を義務づける通知を出している。

 これを受け富士通FIPは、R3様式での正確な症例報告が実現できるよう国内でのR3の有識者にヒアリングを行い、仕様の検討を重ねて、3月にR3対応版を発売した。そして今回、パーシヴAce/PVのR3対応版を提供した丸石製薬で、同システムとしては初めてとなるR3様式の症例報告を行い、問題なく受理された。

 富士通FIPは今後も、製薬企業が円滑にR3様式による症例報告を行えるよう支援していくとともに、医薬品や医療機器の安全管理業務を支援するソリューションの提供を通じ、より安心安全な医療の実現に貢献していく考え。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)