ページの先頭です。

2016/12/15 15:07

ニュース

日立INSソフトウェア、中国・東南アジアIP-VPNでミャンマーとの接続を開始

 日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(日立INSソフトウェア、任田信行社長)は12月13日、中国・東南アジアIP-VPNのラインアップのひとつであるエントリーVPNサービスで、日本とミャンマー連邦共和国(ミャンマー)の接続を開始した。

 経済成長が著しいミャンマーは、日系企業の進出が加速している。しかし、通信インフラ環境の整備は十分ではなく、日本とミャンマーをつなぐ国際インターネット回線については不安定で性能も不十分なため、安定性や性能確保が課題となっている。同社は今回、インターネットVPNと同社が提供している国際バックボーン回線を併用したエントリーVPNサービスで、新たにミャンマーへの接続をサポート。エントリーVPNサービスにより回線の安定性や性能を確保、費用を抑えて短納期で顧客への提供を可能とした。

 具体的には、ミャンマーの顧客拠点から、同社のシンガポールPOPまたは香港POPまでインターネットVPNで接続。各POPから日本(東京)POPまでは国際バックボーン回線で接続し、日本の顧客拠点まではインターネットVPNで接続する。顧客の環境によるが多くの場合、1か月半から2か月程度を目安として導入することができるという。

 回線とVPN機器を24時間監視、障害に関する問い合わせは24時間受け付ける。現地対応は平日9時から17時まで(現地時間)、現地でのインターネット契約支援と性能評価支援については多言語対応(英語、日本語、ミャンマー語)で行う。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年01月09日付 vol.1660
技術とユーザーニーズのギャップに商機 市場/価値創出型への転換

2017年01月09日付 vol.1660 技術とユーザーニーズのギャップに商機 市場/価値創出型への転換

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)