ページの先頭です。

2016/12/22 15:40

ニュース

DAL、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」の最新版

 データ・アプリケーション(DAL、武田好修社長)は12月21日、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」の最新版(バージョン1.1)を12月28日に発売すると発表した。最新版は、エンタープライズ企業やサービス提供企業・サービス利用企業が、さらに運用効率よく、セキュアなデータ連携を実現する機能を実装した。

 新しい機能の1つが、それぞれの企業に独立してインストールされた「ACMS Apex」間を連携するACMS Apex間連携機能。グループ企業間や拠点間、サービス提供企業とサービス利用企業間といった、自社だけでなく企業間を跨った業務フローの連携やリソースの利用が可能になり、ファイル転送を意識しないセキュアなデータ連携を実現する。そして2つめは、安全なデータ連携のために複数サーバーでの分散構成におけるサーバー間通信をSSL/TLSに対応。PCI DSSに準拠したファイルの暗号化を実装しており、データ保管時、通信時の両方でデータ保護に対応。セキュアなデータ連携を実現している。

 価格は60万円から(基本機能)。なお、17年3月31日まで、すでに同社製品「ACMS E2X」を使用しているユーザーを対象に、ACMS E2X最新版へのバージョンアップ費用と同額でACMS Apexに移行できる「ACMS Apex移行キャンペーン」を行っている。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)