ページの先頭です。

2017/01/11 09:07

[週刊BCN 2017年01月02日付 Vol.1659 掲載]

ニュース

プロディライト すべてクラウドで完結するPBX不要のビジネス電話API連携も可能な「INNOVERA」

 プロディライト(小南秀光社長)は、クラウド型電話環境提供サービス「INNOVERA」において、API連携やOEM提供など、新たな展開に取り組み始めている。

 INNOVERAのコンセプトは、「全部クラウド」。PBXなどの設備が不要で、ブラウザからすべての設定ができる。例えば、組織変更で内線電話を変更することも、特別な知識を必要とせずに実行できる。

 「これまでのビジネス電話は、設定変更を社内で行うことができないため、工事ができる企業に依頼する必要があり、相応のコストがかかっていた。INNOVERAはPBXなどの設備が不要なうえ、設定変更も電話の知識がない社員で十分に対応できるため、電話番号を変更するにあたってのコストが発生しない」と、奥井琢磨取締役はクラウド型のメリットを語る。

 INNOVERAはIP電話の方式だが、政令指定都市を始め、多くの地域で、既存の電話番号がそのまま利用可能になっている。IP電話のため、通話料が安く、ランニングコストも削減できる。

 このほかにも、クラウド型ならではの柔軟な設定機能をもっている。「留守番電話や転送の設定が、状況に応じて柔軟にできるようになっている。例えば、大阪支店の代表番号にかかってきた電話が、設定した時間内で応答がなければ、東京支店に転送するといった対応ができる。さらに、福岡支店へと段階的な設定も可能なため、大切な電話を逃すことがない。自動応答も、曜日によるスケジュールに加え、祭日や冬休みなどについても、カレンダーベースで1年分設定できる。朝に留守番電話を解除するのを忘れるといったことがない」と川田敏巳・INNOVERA事業本部技術部部長。留守番電話の設定解除が住民からの苦情になりがちな自治体で、導入が進んでいるという。インターネット上で設定できるため、「急な対応にも出社の必要がない」と評価されている。

 スマートフォンにも対応していて、内線電話を転送することもできる。また、INNOVERAを固定電話で利用するには専用機が必要だが、スマートフォンのみで利用してもよい。電話機のコストも削減できるというわけだ。

 こうしたさまざまなメリットがあるINNOVERAは、API化して、他システムとの連携を進めている。

奥井琢磨・取締役(写真右)、川田敏巳・INNOVERA事業本部技術部部長。
ディスプレイに表示されているのは、INNOVERAの画面

 「例えば、CRMと連携して、顧客データから電話をかけるといったことを想定している。また、自治体では、既存システムと連携し、災害時の安否確認に利用するという事例が出てきている」と、奥井取締役。今後も、さまざまなベンダーとの協業を積極的に進めていく予定である。(畔上文昭)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)