ページの先頭です。

2017/03/16 10:44

ニュース

KSG、Synologyの企業向けストレージの販売拡大へ

 国際産業技術(KSG、立花和昭社長)は、ストレージベンダーの台湾Synology(シノロジー=群暉科技)の企業向けストレージ製品の販売を本格化させる。今回、Synology製品の国内一次代理店となり、主に企業向けのミッドレンジ(中価格帯)製品を中心に販売に力を入れる。

KSGの立花和昭社長

 国内ストレージ市場は、企業向けのハイエンド(高価格帯)製品と、個人事業主やSOHOオフィス向けローエンド(低価格帯)製品の二極化が進んでいる。ミッドレンジ領域の製品が意外に少なく、この領域の製品ラインアップが多い「Synology製品を高く評価し、一次代理店となった」(立花社長)という。

台湾Synologyの許格超総経理

 台湾Synologyの許格超総経理は、「ストレージを制御するソフトウェアを独自に開発しているのが強みのひとつ」と、ストレージの性能や使い勝手の決め手となるソフト開発に自信を示した。 

 KSGでは、Synologyが得意とするミッドレンジの製品を軸に、現在、個人やSOHOオフィス向けのストレージを使っているユーザーのうち、性能が高いストレージを必要としているユーザーを取り込むとともに、企業向けハイエンド製品ユーザーのダウンサイジング需要を狙っていく。こうした取り組みによって、今後3年で国内累計20億円の売上計画を立てている。

 Synologyは、2000年に設立し、世界90か国に展開。ミッドレンジのNAS(ネットワーク接続型ストレージ)製品では定評がある。国内で一次代理店となるのはKSGで3社目となる。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)