ページの先頭です。

2017/03/16 18:49

ニュース

日立システムズなど3社、新潟市でマンホールの防犯・安全対策の実証実験

 日立システムズ(北野昌宏社長)は3月16日、トミス(戸簾俊久社長)、イートラスト(酒井龍市社長)とともに新潟市水道局と新潟市の協力を得て、マンホールの防犯・安全対策ソリューションの提供に向けた実証実験を行ったと発表した。その結果、無線通信技術「LPWA(Low Power, Wide Area)」を使用し、1km以上の無線通信が可能であることを確認した。

 今回の取り組みは、3社が2016年5月に開始した実証実験の一環。マンホール内に危険物が設置されるのを防いだり、設備点検の作業員を事故から守るため、蓋の開閉状態や有毒ガス発生の有無、水質・水量などをセンサやIoT技術を活用して監視。マンホールの防犯・安全対策をトータルにサポートすることを目的としている。

 実証実験の開始当初は、特定小電力無線を活用していたが、マンホールの蓋を閉じた状態では通信距離に課題があったという。実験を進めていくなかで、この課題を解決する技術として、低消費電力で長距離通信を実現する無線通信技術であるLPWAに着目。今回、新潟市でLPWAを活用して、新潟市秋葉区役所の屋上に受信機、新潟市水道局の管理する水道用マンホールに発信機を取り付けて、さまざまな障害物がある実際の市街地での通信試験を実施した。

 この結果、受信地点から1km以上離れたマンホールでも、無線通信による監視が可能であることが確認できた。これにより、特定小電力無線の場合と比較して、通信距離だけでなく、導入や運用コストを抑えた構成を実現できることが実証され、サービス実用化のめどが立った。

 今後、日立システムズなどではマンホールの防犯・安全対策ソリューションの早期提供を目指すとともに、水道事業体での安全対策、設備保全などでの貢献を目指し、漏水や流量、水質などを含めた遠隔監視の実用化に向けて、共同での実証実験に取り組んでいく予定。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)