ページの先頭です。

2017/04/21 14:28

ニュース

OSK、コクヨとリコーとの新たなコラボレーションを開始

 OSK(宇佐美愼治社長)は4月20日、CRMソフト「SMILE BS 2nd Edition CRM QuickCreator Rel.2(SMILE BS2 CRM QC)」を活用した新たなコラボレーションを、4月17日から提供すると発表した。

 今回のコラボレーションは、コクヨ(黒田英邦社長)が2014年9月から販売しているデジタルノート「CamiApp S」のデータを業務システムに取り込む仕組みとして、リコー(山下良則社長)製複合機を利用する新サービス「CamiApp for RICOH」を4月17日から提供することに伴うもの。作成されたデータの取り込み・保管・検索を容易にするシステムとして、SMILE BS2 CRM QCを活用したコラボレーションとして提案する。

 具体的には、CamiApp for RICOHでは、CamiApp Sとリコー製複合機をBluetoothで直接接続することにより、データの業務システムへのアップロードが行える。現場では、担当者がCamiApp Sの紙帳票に手書きするという従来のやり方を変えずに、事務所に戻ってきたタイミングで複合機にかざせば、データを業務システムに取り込むことができる。これによって、紙帳票を見ながらパソコンで入力し直す重複作業が必要なくなり、アナログ業務を簡単に効率化できる。

 なお、同サービスは、リコー製複合機との連携ソフトウェアの開発・販売を支援する「Ricoh Developer Program」を活用し、コクヨがリコーの技術協力のもとで開発・提供している。顧客は、複合機のパネルから「RICOH アプリケーションサイト for MultiLink-Panel」に接続し、アプリケーションを顧客自身で複合機に簡単にインストールすることが可能。同アプリケーションのなかで、事業所に設置してある複合機は、コピーやプリントの機能だけでなく、企業内ネットワークの入り口として、外部機器と社内ネットワークをつなぐ中継機としての役割を担う。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)