ページの先頭です。

2016/06/09 09:15

連載

[週刊BCN 2016年06月06日付 Vol.1631 掲載]

<自分で学んで自分で判断する情報システム ここまできたAI活用>最終回 “デバイス”からAIに迫る 日立システムズの強みを生かす事業形態に

 日立システムズは、AI(人工知能)に対応した“デバイス”に着目し、AI関連ビジネスの基礎をつくりあげようとしている。同社金融事業グループ金融営業統括本部の曽谷英司本部主管は、顧客である銀行を営業で訪れたとき、受付に接客・受付用の小さな人型コミュニケーション・ロボットをみかけた。一目見て「ロボットの中身はパソコンやスマートフォンと大差ない」ことを直感したという曽谷本部主管は、「これを当社の保守サービス事業の新しいターゲットにできないか」と考え、金融事業グループに属しながらも、ロボット事業の立ち上げに邁進することになる。(取材・文/安藤章司)

 主要SIerがこぞってAIビジネスに乗り出すなか、総合SIerとして、例えばビッグデータ解析の切り口からAIビジネスに迫ったり、産学連携や国内外のスタートアップ企業に出資するなどして、AIエンジンそのものの開発を優先する選択肢もあった。しかし、日立システムズのAI事業は“デバイス”を足がかりに立ち上げることを選んだ。なぜか──。この背景には、同社が全国約300か所の保守サポート拠点を展開し、大規模なコンタクトセンターやデータセンターを運営していることが挙げられる。

 保守サービスはハードウェアの単価下落で、各社ともビジネス的に厳しい状況にあり、日立システムズも例外ではない。これから普及が見込まれるロボットをはじめとするAI関連デバイスを新たな保守サービス事業のターゲットに加えることで、自社の強みや経営リソースを生かし、他社との差異化にもつながると考えたわけだ。

曽谷英司
本部主管兼
ロボット事業推進部長  曽谷本部主管は、ロボット事業を“全社事業”に格上げするため、サービス対象を介護や力仕事で使うパワーアシスト機器(パワードスーツ、強化服)、ドローンなどに広げるとともに、これらロボットの導入支援、アプリケーション開発、保守サービスをワンストップで行うサービス体系を構築。曽谷本部主管はロボット事業推進部部長を兼務するかたちで、この春から本格的に「ロボティクスサポートサービス」をスタートさせ、向こう3年で同サービス事業で累計50億円の売り上げを目標に据えている。

 コミュニケーション・ロボットでは、ちょっとした不具合や光の当たり具合一つで顔認識の精度が大きく左右されたりするため、ITに詳しくないユーザーでは対応できないときに、同社のコンタクトセンターによるヘルプデスクや出張サポートが重宝されている。
 また、今年4月に発生した一連の熊本地震では、被害状況を確認するのにドローンが大活躍したのは記憶に新しい。しかし、大量に蓄積していく画像の保管や分析が後手に回っていることも少なくないという。ドローンユーザーは官公庁や設備管理会社、保険会社など多岐にわたる。こうした顧客をターゲットに、ドローンのハードウェア保守はもちろん、「当社のデータセンターを活用した画像処理系のサービスラインアップも充実させていく」(曽谷本部主管)と意気込む。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)