ページの先頭です。

2016/08/18 09:17

連載

[週刊BCN 2016年08月08日付 Vol.1640 掲載]

<標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR>第12回 移植とモデルベースを2本柱に 富士通BSC、マルチベンダー対応が強み

 富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、ユーザーの既存のソフトウェアの「AUTOSARへの移植」と「モデルベース開発」の2本の柱で、自動車向け組み込みソフト開発に弾みをつけている。ベーシックソフト(OS)であるAUTOSARを開発する国内ベンダー3陣営が立ち上がる前からAUTOSARビジネスに参入。こうした経緯から、現時点では国内のどこの陣営にも属していない。むしろ、「マルチベンダー方式で、どのベンダーが開発したAUTOSARでも対応が可能である」(富士通BSCの一木直滋・第二システム事業部プロジェクト部長)ことを強みにしていく。

富士通BSC
一木直滋
部長  同社がAUTOSAR関連ビジネスに本格的に参入した2010年から今までを振り返ってみると、既存の車載ソフトをAUTOSAR上に移植(ポーティング)するビジネスが大きく伸びた。移植先のAUTOSARは欧州系のベクター、エレクトロビット、米国系のメンター・グラフィックスの3社製を扱うことが多かったといい、各社とも自社のOS上へポーティングするツールは充実している。ただ、これまで独自仕様、あるいは手組みでつくってきた車載ソフトのすべてをAUTOSAR上で移植できるわけではなく、技術的な移植可否の見極めも含めて顧客のAUTOSAR対応を支援してきた。

 移植できないもの、あるいは新規で開発するAUTOSAR対応ソフトについては、「モデルベース開発」で支援を行うケースも増えている。モデルベース開発は、組み込みソフトの設計段階で挙動をシミュレーションし、出来上がったソフトの品質を高める開発手法である。開発ツールは自動車向け組み込みソフト開発で広く使われている米マスワークス製のものを主に使い、設計段階でシミュレーションした内容と、実際に生成されたプログラムのソースコードが一致しているかを検証することで品質を高めている。

 富士通BSCがこだわっているのは、冒頭にも触れた「マルチベンダー」であること。過去に組み込みソフト分野で特定のプラットフォームやツールのライセンス代理販売を手がけたことがあったが、それではライセンスの販売が優先しがちになってしまい、「顧客の課題解決につなげにくい状況になってしまった」(同)ことがあった。この反省からAUTOSARでは、メジャーになっている複数ベンダーに対応。技術者のスキルもマルチベンダー化しなければならないため、コストもかかるが、より中立的な立場から顧客を支援できるポジションにこだわっている。

 実際、顧客によって採用するAUTOSARはまちまちで、既存のソフトも、リアルタイム処理を必要とするタイプは移植が難しいことが多い。同社では、顧客が採用したAUTOSARに合わせてポーティングしたり、必要に応じてモデルベース開発による高品質な開発を請け負ったりと、「AUTOSAR対応の最初から最後までをマルチベンダーに対応し、ワンストップ方式でサービスを提供」できる強みを前面に押し出す。こうした施策によってAUTOSAR関連ビジネスの売り上げを向こう3年で3倍ほどに増やしていく方針だ。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)