ページの先頭です。

2016/09/21 09:10

連載

[週刊BCN 2016年09月12日付 Vol.1644 掲載]

<標準化の波が車載システムを襲う 黒船 AUTOSAR>最終回 様変わりする組み込みソフト ビジネスモデルの早期確立がカギを握る

 本連載の最終回では、情報サービス業界、とりわけ組み込みソフト開発ビジネスに、今後、AUTOSARがどのような影響を与えていくのかを考えてみる。(取材・文/安藤章司)

 自動車業界では、コンピュータ制御の占める比重が大きいハイブリッド車や電気自動車(EV)の開発競争が激しさを増すとともに、ソフトウェアが性能を決定づける先進運転支援システム(ADAS)や自動運転システムが、今後、ますます注目を集める。自動車の付加価値はソフトウェアによって決まるといっても過言ではない。

 組み込みソフト開発業界にとってみれば、喜ばしいことではあるのだが、一方でソフトウェアの開発ボリュームが10年前の数百万行から億行単位に増えるといわれるなか、さすがに従来のような手組みの方式で品質を維持していくのが難しくなる。ソフトウェアのバグ(不具合)が人命に直結する自動車では、危険を招き入れるバグは許されない。

 AUTOSARでは、一度、つくったアプリケーション(AUTOSARではソフトウェアコンポーネントと呼ぶ)を、他の部品、他の自動車に再利用する役割を担う。ちょうどWindowsやAndroidのアプリケーションが、機種(ハードウェア)を問わずに動作するのと同じである。また、多くのパッケージソフトがそうであるように、AUTOSARプラットフォーム上でいくらでも再利用ができるようになれば、アプリケーションの開発費用を抑えつつ、機能を拡充し、品質も担保しやすい。

 かつては、OSなしでECU(電子制御ユニット)上に直接ソフトを載せたり、自動車関連メーカーが独自のプラットフォームをつくったりしていたため、たとえ同じ機能であったとしても、ECUやメーカーごとに組み込みソフトをつくり直す仕事が発生していた。

APTJ
高田広章
会長  ところが、AUTOSARや、ある種の開発自動化の手法であるモデルベース開発の普及・進展によって、「近い将来、クルマに実装するソフトウェアを丸ごと仮想環境上でシミュレーションして、バグを潰していく検証も実用化される」(AUTOSAR開発ベンダーAPTJの高田広章会長=名古屋大学教授)と予測する。

 ここで素朴な疑問が頭をもたげる。OS(AUTOSAR)のうえで動作するアプリケーションは、果たして「組み込みソフト」と呼べるのだろうか――。自動車向け組み込みソフトはAUTOSARの登場によって大きく様変わりするのは間違いない。AUTOSARがカバーするOSまわりは、恐らく組み込みソフトの仕事は減る見込みだ。あるとすれば、OSとハードウェアのつなぎ込みの部分だろうか。

 とはいえ、自動車の制御に使うソフトウェアに求められる性能や特性は、一般の業務アプリケーションとは大きく異なるのは、これからも変わらない。機能安全や制御系のリアルタイム処理は、自動車の組み込みソフトに特徴的な要素である。これまで培ってきた組み込みソフト開発のノウハウは、アーキテクチャが変わっても必ず生きてくるはずだ。同時に、新しい時代の自動車に適合した組み込みソフト開発のビジネスモデルを、早期に打ち立てていくことが勝ち残りにつながる。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)