ページの先頭です。

2017/02/20 09:06

連載

[週刊BCN 2017年02月13日付 Vol.1665 掲載]

<既存ビジネスモデルの破壊か、進化か? ブロックチェーンの革新>(31)BCCCが金融部会を新設

 ブロックチェーン推進協会(平野洋一郎代表理事)は2月1日、金融機関へのブロックチェーンの普及・啓発活動を強化するために、「金融部会」を新設した。金融業界でもBCCCに対する関心が高まっている。(取材・文/本多和幸)

平野洋一郎
代表理事  BCCCは、2016年4月の発足以降、幅広い業界向けに、ブロックチェーン技術の普及・啓発活動を展開してきた。本連載でも紹介したエンジニア向けのカリキュラムを提供する「ブロックチェーン大学校」などはその代表的な取り組みといえるが、こうした活動が功を奏し、会員は順調に増えている。16年12月15日現在で、109の企業・団体が加盟しているという状況だ。

 ビットコインとともに誕生したという性質上、“FinTechの本命”といった位置づけで語られることも多かったブロックチェーンだが、BCCCは、金融領域に限らず、多様な用途で大きなメリットを発揮し得る技術としてブロックチェーンを扱ってきた。ただ、現実的には、ブロックチェーンに関心をもっているユーザー企業は金融機関が圧倒的に多く、BCCCに新規加入する金融機関も増えているという状況がある。さらに、BCCCや加盟企業に対して、金融機関から相談が寄せられる例も増えているという。こうした状況を受け、BCCCとして、金融業界向けのコミュニティを設置する必要があると判断した。

BCCCに新規加入する金融機関が急増中

 金融部会は、金融機関のニーズにマッチした情報を提供していくとともに、金融関連業務へのブロックチェーン適用の検討と普及を目指す。具体的には、定期的な勉強会を開いて情報共有を行うほか、BCCC会員のブロックチェーン専門企業が、金融機関などに技術的な助言を行い、ブロックチェーンの活用を支援する場としても機能させたい意向だ。

 現在、BCCCは、ブロックチェーンの普及・啓発のためのセミナーやイベント、広報活動を行う「普及委員会」、協会全体の運営方針などを検討する「運営委員会」、ブロックチェーン技術の社会実験や実証実験などを行う「技術委員会」、会員のブロックチェーン適用の事例をウェブサイトでアウトプットし水平展開する「実用委員会」という四つの委員会で具体的な活動を行っているが、金融部会は普及委員会の1部会となる。

 1月20日には、金融機関やメディアを集めて、金融部会設立の事前説明会を開いた。平野代表理事は、「ブロックチェーンは進化が速く、1年前の情報はもはや不正確になってしまっていることがある」として、BCCCのようなコミュニティで最新の情報を共有することの重要性を強調。さらに、「金融機関の皆さんには、金融部会に直接参加していただき、世界の流れから取り残されないようにしてほしい」と訴えた。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)