ページの先頭です。

2015/03/05 09:14

連載

[週刊BCN 2015年03月02日付 Vol.1569 掲載]

<ビジネスシーンを変える最先端キーワード ウェアラブル>第20回 量産技術確立までの茨の道 デビューは聴覚障がい者用メガネ

 前号に続いて、ソニーの眼鏡型ウェアラブル端末への挑戦をレポートする。普通のメガネと変わらない使い勝手を実現するには、視界を遮らない透過型のディスプレイをゼロから開発する必要があった。ソニーでは2009年に米国コンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)で初めて、その試作機を公開したものの、「当時は量産化に向けた技術的めどはまったく立っていなかった」(武川洋・SIG準備室統括部長)と振り返る。

 メガネ用の透明なレンズに透過型の映像を映し出すには、ハーフミラー(マジックミラー)やプリズム機構を用いる方法が知られているが、これでは、透過率が高まらなかったり、映像が不鮮明だったり、あるいはプリズム機構の厚みがでてしまうなどの不都合があった。ソニーでは「ホログラム導光板」と呼ばれる独自の方式を10年がかりで開発し、学会発表も行ったが、肝心の量産技術でつまずいてしまった。ホログラム導光板は、メガネのレンズ部にホログラム光学素子を組み込むことで、映像を伝搬する仕組み(図参照)。この方式を使えばレンズを厚さ1ミリまで薄くできるとともに、透過率を85%超まで高められるという。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)