ページの先頭です。

2016/09/28 09:12

連載

[週刊BCN 2016年09月19日付 Vol.1645 掲載]

<短期集中連載 クラウドビジネス全国に拡大中!>第2回 青森のクラウド導入事情

 クラウドの採用ムードが地方に波及しつつある。当初は「動けば何でもいい」との認識でも、運用フェーズでクラウドのメリットを実感すると、口コミとなって広がっていく。青森と仙台を中心にクラウド事業を展開するヘプタゴンの立花拓也・代表取締役社長に聞いた。(畔上文昭)

東日本大震災後に起業

ヘプタゴン
立花拓也
代表取締役社長  データセンター(DC)に勤めていたというヘプタゴンの立花拓也社長。転職を考えていたときに東日本大震災が起きる。「首都圏への就職も考えていたが、震災があったため、東北のために何かしようと考えた。ちょうど、AWS(Amazon Web Services)が注目され始めていたので、クラウドに取り組んだ」と、立花社長は青森で起業した当時を振り返る。

 都市部でクラウドが注目され始めた頃のため、青森ではクラウドに対する認識がまだ低い。そこで立花社長は、AWSのユーザーグループ「JAWS-UG青森」を立ち上げ、地域でのクラウドの認知度を上げる活動から始めた。

 当初はAWSに興味がある人が集まる勉強会としてスタートしたJAWS-UG青森だが、最近ではユーザー企業の参加が増えているという。「今年に入ってから、JAWS-UG青森のメンバーが増えてきている。それも、実際にAWSを活用しているというユーザーが参加するようになった」と立花社長。青森におけるAWSのユーザーが拡大してきたというわけだ。

クラウドで地域の課題を解消

 青森におけるクラウドの普及状況について、立花社長は「感度の高い企業が取り組んでいる。先進性は、東京の企業とそん色ない」と感じている。ただ、中間層がなく、クラウドに取り組む企業と無関心の企業で二極化しているという。

 無関心の企業では、クラウドを否定するのではなく、「動けば何でもいい」とするのが現状とのこと。そのため、クラウドを意識させずにシステムを構築し、運用フェーズでメリットを実感してもらうことを考えている。実際、サーバーのメンテナンスが不要など、導入後の評価は高いという。

 今後については、「IoTに期待している。地方では、農業や介護などで人手不足になっている。IoTでその状況を変えられるのではないか」と立花社長。また、「地方の人は課題があっても、がまんして外に知らせようとしない。だから、地域の課題は地元にいないと把握できない」として、今後も青森と仙台を中心に、クラウドを駆使して社会に貢献していく考えだ。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)