ページの先頭です。

2016/10/12 09:11

連載

[週刊BCN 2016年10月03日付 Vol.1647 掲載]

<短期集中連載 クラウドビジネス全国に拡大中!>第4回 名古屋のクラウド導入事情

 製造業を中心に好景気ムードにある東海地区。IT投資への意欲も強く、案件過多で慢性的なエンジニア不足の状況にある。新しいITには慎重な地域とされるが、製造系や物流系ではIoTに対する注目度が高く、クラウドもその流れに乗って拡大することが期待される。(畔上文昭)

まずはIoTを提案

グローバルワイズ
伊原栄一
代表取締役  「名古屋はIT投資に慎重な地区。新しいものに対しては、ある程度の普及を待つ傾向にある。逆に事例が出てくれば、一気に波及することも」と、グローバルワイズの伊原栄一代表取締役は語る。名古屋市に本社を置くグローバルワイズは、EDI関連事業とシステム開発事業、AWS(Amazon Web Services)の環境構築や移行支援の事業、そしてIoT向けのパッケージ製品も手がけている。なかでも今後の展開を期待しているのが、IoTだ。

 「IoTは、見える化への取り組みで活用できるなど、製造や物流の分野で注目度が高い。IoTはクラウドの活用が大前提となるという点でも期待している」と伊原代表取締役。クラウドが大前提となる理由として、センサから取得するデータ量が把握しにくいのと、導入効果が未知数なことが挙げられる。「実証実験的に始めて、一部のラインで効果をみてから、全体に広げていく傾向がある。こうしたスモールスタートには、クラウドが向いている」ことも、伊原代表取締役がIoTにはクラウドが最適とする理由である。

 製造業では設計図などの機密情報を社外に出すことを嫌がるため、クラウドの採用に慎重になりがちだった。IoTでは、センサから送られてくる信号を扱う程度であることから、ユーザー企業も問題はないと判断するという。IoTをきっかけに、クラウド採用の範囲が広がるとして、伊原代表取締役は今後の展開に期待している。

Pepperでクラウドを活用

 グローバルワイズは、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」を活用したソリューションの開発も手がけている。

 「コミュニケーションロボットは、しゃべるIoTデバイス。インパクトが大きいこともあって、ユーザー企業の受けがいい。工場でも人手不足の解消への期待から、Pepperを活用した実験が行われている」と、伊原代表取締役は手応えを感じている。Pepperを扱うときのポイントは、データ領域でクラウドを活用するところにある。接続環境が整っているため、Pepperでは、クラウドを使いやすいという。

 保守的な地域との判断から、IoTのような新しい分野でクラウド普及のきっかけをつくる。Pepperへの取り組みも、その一つというわけだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)