ページの先頭です。

2002/10/21 11:00

連載

[週刊BCN 2002年10月21日付 Vol.962 掲載]

近代デジタルライブラリー
ジャーナリスト 富田倫生

 電子化に向けて、国立国会図書館が大きな一歩を踏み出した。

 去る10月1日に公開された「近代デジタルライブラリー」(http://kindai.ndl.go.jp/)からは、明治の本、3万冊分のページを、ウェブ経由で開くことができる。同館には、明治期の図書が都合、約16万8000冊あるという。著作権の消滅が確認されたもの、著作権関係の処理がすんだものを、今後引き続いて電子化し、公開していく予定だ。

 滅多にお目にかかれない本がならぶ書棚にウェブ経由でもぐり込み、検索機能を生かしてさまざまな角度から書籍を探し、その場で読みはじめられることの快感は、絶大だ。

 同館には、大正、昭和期の貴重な本も山ほどある。それらにも、著作権が切れたもの、切れていくものがある。明治に続き、大正、昭和へと、電子化の作業が、迅速に進んでいくことを願って止まない。

 近代デジタルライブラリーの一歩は、大きな意義をもつ。だが同時に、電子図書館の本道は、ここにはないとも思う。最終のゴールは、テキスト化だ。全文を機械可読の形に置き換えてこそ、電子化のメリットはフルに生きてくる。

 そこで、今回の成果を足場に、本道をさらに力強く歩んでいこうとしたとき、残念ながら、ここから提供されるページ画像の問題点が、浮かび上がってくる。文字のつぶれ。ざっと読み進むだけなら、それでも我慢ができる。だが、ページ画像をもとにテキスト入力を試みようとすると、途端に不満がわき出してくる。特に、問題はルビだ。

 私設の電子図書館、青空文庫の活動にかかわるなかで、本のスキャニングにも取り組んできた。

 今回採用された、解像度400dpiなら、ルビもほとんどつぶれない。にもかかわらず、提供される画像では、しばしば判読に迷う。マイクロフィルム化されたものをスキャニングしたという手順が、強いた結果だろう。貴重な実物の保護という観点から、やむを得ないとされたのだろう。

 だが、ページ画像は、デジタル環境においては、きわめて広く利用される、これこそが「本体」だ。腹を決めて、できうる限り書籍から直接スキャンし、長く使い続ける宝を、良い状態でサーバーにあげて欲しいと、切に願う。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)