ページの先頭です。

2007/01/22 11:00

連載

[週刊BCN 2007年01月22日付 Vol.1171 掲載]

統合システム構築による企業統制
TBCソリューションズ 主任コンサルタント 植野俊雄

 最近、企業に対する内部統制の要求が高まっており、それに伴って企業はその仕組みづくりに追われている。

 日本版SOX法(金融商品取引法)によって、財務報告の重要な事項に虚偽記載が生じることのないように、財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報について不正や誤り等の発生防止のための「財務報告に係る内部統制」の仕組みを構築して運用しなければならないとされている。また、会社法によって、業務の有効性および効率性、財務報告の信頼性、事業活動にかかわる法令等の遵守、資産の保全の4つが達成されるように「内部統制」の仕組みを構築して運用することも要求されている。これらの内部統制についは、統制環境、リスクの評価と対応、統制活動、情報と伝達、モニタリング(監視活動)およびIT(情報技術)への対応の6つを、業務に組み込んで、組織内のすべての者によって遂行しなければならない。

 また、個人情報保護(JIS Q 15001 PMS)、情報セキュリティ(JIS Q 27001 ISMS)、ITサービス管理(ISO/IEC 20000 ITSMS)、環境(JIS Q 14001 EMS)、品質(JIS Q 9001 QMS)等の要求に応えるために、これらマネジメントシステムへの取り組みが求められている。

 前記の内部統制への対応とこれらのマネジメントシステムへの取り組みのいずれも、Plan─Do─Check─Act(計画─実行─点検─処置)のPDCAモデルに基づいて『方針、リスク評価、確立、実施および運用、監査、見直し、維持、改善』が重要となる。

 企業がこれらの取り組みを行うに当たって、バラバラに構築・文書化して、個別に運用するのではなく、統合したマネジメントシステムとして文書化し、統合運用していきたいとの意識を、経営者も管理責任者も持っていることと思う。

 複数の既存マネジメントシステムをひとつの構造に統合するためのフレームワークを示した指針として、BSI規格PAS99が2006年8月31日に公表されるなど、統合マネジメントシステムの文書化方法についての仕様が出始めている。

 これらの状況をウオッチして、適当な時期に統合マネジメントシステムの文書化に取り組むことが望ましい。これによって、バラバラ運用から早期に抜け出して、統合運用のメリットを他社に先駆けて獲得できるであろう。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)