ページの先頭です。

2009/03/16 11:00

連載

[週刊BCN 2009年03月16日付 Vol.1276 掲載]

プログラマは「書く」より「読む」
京都産業大学コンピュータ理工学部教授SRA先端技術研究所非常勤顧問 青木 淳

 プログラマの第一義(最も根本的で大切な事柄)とは何だろうか。プログラミングのためのセンス(鋭い感覚)とスキル(練った技術)であることは間違いないが、どちらも一朝一夕で成るものではない。コードリーディング(プログラムを読む)という日課を長く続けることによって、初めて成果が得られる。

 プログラムが上手に書けないのは、読んだプログラムの量に不足があるからだ。書く練習よりも読む練習が大切なのに、とりあえず文法を覚え、まずはプログラムを書くことばかりをやってしまいがちになる。


 あまりに当たり前の話だが、小説を読まずに小説家になった人はいない。音楽を聴かずに音楽家になった人もいない。映画を観ずに映画制作に関わる人もいない。プログラマとして身を立てるためには、前提条件として大量のプログラムを読破することが必須となる。幼い子供が言葉を覚えてゆくプロセスと同じだ。まず聞き取りや読み取りが先行し、その後に書き取りが続く。この順番が逆転することはない。


 幸いにもオープンソース(ソースコードが公開されたプログラム)が身近に溢れるようになった。本の中に書かれたプログラムもオープンソースであり、Webをググって出てくるプログラムもオープンソースだ。これらのプログラムを読むことが日課になれば、プログラマへの道が開けてくる。


 プログラムを読むという日課(毎日の勤務)は一種の生活リズム。これを根本で支えているのは実のところ食事と睡眠の時間になる。これも当たり前の話だが、軽んじる人が多いようだ。寝食を忘れてプログラミングをするのは、決して褒められたことではない。決まった時間に食事をし、定まった時間に睡眠をとることは、吸収効率のよい脳(精神活動)を調整してくれる。疲れた脳を咀嚼(そしゃく)運動でリフレッシュ、乱雑に引き出されて散らかった脳内を睡眠で整理整頓。1日3回の食事と1日3分の1の睡眠が脳活動のメリハリであるリズムを生み出し、プログラマとしてのセンスとスキルを磨いてくれる。


 朝食の前にコレをやろう、昼食前までにソレをしよう、夕食までにはアレを終わらせよう、就寝前までにここまで読もう──。ことほどさように食事と睡眠が生活のマイルストーンになっている。まさに計画性の源。こうなりたいという具体策を実行する糧である。くれぐれも「寝食を忘れて仕事に没頭」などの言葉に惑わされず、寝食を正して、プログラムの読みを日課としよう。



■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)