ページの先頭です。

2010/08/19 09:19

連載

[週刊BCN 2010年08月09日付 Vol.1345 掲載]

インターネット大学の未来
サイバー大学 IT総合学部教授 前川 徹

 日本には、すべての授業をインターネットで行うインターネット制の大学は、4年前に開学したサイバー大学と、今年4月に開校したビジネス・ブレークスルー大学(略称BBT大学)の2校しかない。しかし、お隣の韓国には17校のインターネット大学があり、数万人が大学教育を受けている。

 米国にも数多くのインターネット大学があり、なかでもアポログループが経営するユニバーシティ・オブ・フェニックスの学生数は、対面授業の学生を含めて30万人である。また、英国のオープン・ユニバーシティで学ぶ学生は、全世界で18万人を数える。

 スクーリングのないインターネット大学は、通学する必要がない。ブロードバンドに接続できれば場所も問わない。授業はオンデマンドで配信されるので、24時間いつでも好きな時間に勉強ができる。通学が難しい障がい者でも、離島に住んでいても、仕事をもっていても大学で勉強ができる。さらに、インターネットの双方向性を活かし、教員と学生、学生間の緊密なコミュニケーションがとれるし、学生一人ひとりに対するきめ細かなフォローアップも実現できる。このため、従来の通信制大学に比べて、ドロップアウトする学生を少なくすることができる。

 また、学習管理システムによって、学生の受講状況、テストやレポートの結果、電子掲示板による質疑応答、学業成績などの情報をリアルタイムに把握でき、この蓄積された情報を分析することによってカリキュラム、授業内容、講義方法などの改善を図ることができる。

 インターネット大学は、こうした優れた特徴をもっているのだが、残念なことに日本ではこのタイプの大学で学ぶ学生はまだ少ない。韓国のインターネット大学のなかで最もレベルが高いといわれている漢陽サイバー大学には、6000人の学生が在学しているが、完成年度を迎えた日本のサイバー大学の総学生数は、その6分の1程度でしかない。

 サイバー大学は5月21日、IT総合学部の強化を発表すると同時に、世界遺産学部の入学者数が減少していることを理由に、今年度の秋学期以降の新規学生募集を停止すると発表した。

 幸いにしてIT総合学部の入学者数は昨年を底に上昇傾向にあるが、先行きは楽観できない。優れた特徴をもつインターネット制大学が日本でも定着し、インターネットで学ぶ学生が増加することを期待したい。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)