ページの先頭です。

2010/09/16 09:11

連載

[週刊BCN 2010年09月13日付 Vol.1349 掲載]

著作権侵害を未然に防ぐ手立てとは
社団法人コンピュータソフトウェア 著作権協会専務理事 久保田 裕

 著作権が適切に保護され、利用される社会を実現するためには、「法(ルール)の整備と運用」「教育」「技術による保護」の三つのバランスが重要だと常日頃から主張している。

 ACCSの活動は、この三つのうちの法に関することに力点が置かれているように思われがちだが、実は教育・啓発に関する活動も熱心に行っている。その一つとして、このたび、ビジネスシーンにフォーカスした著作権解説冊子を作成した。

 企業には、ソフトウェアの違法コピーが入り込むリスクが常にある。そのために、ソフトウェア管理の徹底が求められるわけである。だが、問題はソフトウェアに限ったことではなく、写真や動画、地図など、他者が著作権をもつ著作物についても同様の取り扱いをしなければならないことが、あまり徹底していないことにある。著作物を著作権者の許諾なくコピーして利用すると、それがたとえ社内に限定したものであったとしても、ほぼ違法になるといっていい。企業には、そうしたリスクがつきまとう。リスクを軽減するためには、社員一人ひとりが著作権に関する正しい知識を身につけることが求められる。

 今回、制作した16ページの冊子『知って得する著作権』は、ビジネスソフト、新聞・雑誌、映像・写真・音楽、地図といった、企業内でよく利用される著作物の種類別に、企業内で起こりがちな著作権侵害の実例、その法的な解説、著作権侵害を防ぐヒントをコンパクトにまとめた。

 例えば、官公署に提出する許認可申請に添付する住宅地図を、著作権者の許諾なしでコピーして利用すれば著作権侵害に当たること、侵害行為を防ぐための許諾制度などを見開きで解説している。難しいと思われがちな著作権法だが、新入社員と先輩社員の会話で説明するなど、分かりやすい工夫も凝らしている。ぜひ、企業で活用していただきたい。

 著作権に関する知識を確認するためには、検定試験を受けるのも一つの方法である。

 私が検定委員会の委員長を務めているビジネス著作権検定では、初級、上級の試験を定期的に実施している。この試験に向けて体系的に著作権を学べるように、公式テキストと問題集も市販されている。次回の試験は11月だ。今から勉強してトライしてみてはどうだろう。

 他人の著作権を侵害しないためではなく、自分や自社がもつ著作権を利用するうえでも、著作権を勉強して正しい知識を身につけてほしい。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)