ページの先頭です。

2011/07/28 09:10

連載

[週刊BCN 2011年07月25日付 Vol.1392 掲載]

新サービス「グーグルプラス」の狙い
サイバー大学 IT総合学部教授 前川 徹

略歴

サイバー大学 IT総合学部教授三重県出身、1978年 通商産業省入省、通産省機械情報産業局情報政策企画室長、JETRO NewYorkセンター産業用電子機器部長、IPAセキュリティセンター所長、早稲田大学客員教授などを経て、2007年4月から現職、コンピュータソフトウェア協会専務理事などを兼任。
 グーグルは、6月28日、「グーグルプラス(Google+)」というソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を開始した。当面は試験運用を続け、近く一般公開されるといわれている。この原稿を書いている時点では、招待状のない人は利用できないことになっている。

 微妙なニュアンスを伝えきれない現在のインターネット上のコミュニケーションを改善することが、新サービスの目的だとグーグルは説明している。主な機能は三つあって、「サークル(Circles)」「ビデオチャットルーム(Hangouts)」「Sparks」である。

 まず「サークル」は、友人や知人をいくつかのサークル(グループ)に分け、特定のサークル内で情報を共有できるという仕組みである。フェイスブックでもグループを作成することはできるが、基本は「友人」というくくりで一括管理されており、普通に投稿すればすべての友人と共有することになる。それに対してグーグルプラスでは、あらかじめ「友だち」「家族・親戚」「知人」「フォロー中」というサークルが設けられているが、新規サークルを簡単につくることができ、自分の投稿の範囲を自由に選択できる。

 ビデオチャットルームは、ひと言でいえば、スカイプである。グループでのビデオチャットが簡単にできる。ただ、スカイプはテレビ電話的だが、グーグルプラスのビデオチャットルームは、時間がある時にちょっと顔を出して仲間とおしゃべりができるサロンのようなものを目指しているようだ。

 Sparksは、利用者が設定したテーマに従ってネット上のコンテンツをニュースフィードのように届けてくれるサービスである。

 グーグルがSNSに参入した真の狙いは、どこにあるのだろうか。インターネット利用時間でみると、グーグルよりもフェイスブックのほうがより多くの利用者を集めているので、グーグルが危機感を抱いたとも報道されている。しかし、6億人を超えるユーザーを抱えるフェイスブックに対抗するためだけに始めたサービスだとは思えない。

 任意のサークルを作成し、ビデオチャットができ、そのうえで情報共有ができる機能を備えているところをみると、少し機能をブラッシュアップして、グーグルアップスと組み合わせて企業向けのコラボレーション・プラットフォームとして展開するつもりなのではないだろうか。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)