ページの先頭です。

2011/09/29 09:09

連載

[週刊BCN 2011年09月26日付 Vol.1400 掲載]

「統合型パソコン」と「iPad」の類似性
サイバー大学 IT総合学部教授 前川 徹

略歴

三重県出身、1978年 通商産業省入省、通産省機械情報産業局情報政策企画室長、JETRO NewYorkセンター産業用電子機器部長、IPAセキュリティセンター所長、早稲田大学客員教授などを経て、2007年4月から現職、コンピュータソフトウェア協会専務理事などを兼任。
 サイバー大学は、今夏、学生にiPad 2のWi-Fi+3Gモデルを無償で配布した。無償貸与で、基本的には卒業するまで自由に使え、かつ通信料金も大学が負担してくれる。対象はすべての学生と言いたいところだが、サイバー大学は履修登録した単位数に応じて学費を払う仕組みなので、その単位数で若干の制限が設けられている。

 7月下旬、そのiPad 2が教員にも配布された。学生と同じく、無償貸与で、通信料金は大学負担である。昨年購入したiPadは、Wi-Fiモデルだったので、基本的に自宅に置いたままだが、今回は3Gも付いているので、どこでも使える。実に便利だ。授業のためのコンテンツ作成や授業管理、成績管理など大学の仕事や、原稿作成などにはパソコンを使っているが、それ以外の用途では、パソコンを使うことが少なくなった。iPadでほとんどの用が足りる。一度充電するとほぼ10時間利用できるそうだが、今の使い方だと、1週間程度は大丈夫だ。どこにでも持ち運べ、スマートカバーを開けるとすぐ立ち上がる。セットアップの手間もほとんどなく、トラブルも起きない。

 iPadの長所を列挙していたら、「統合型パソコン」というコンセプトを思い出した。「統合型パソコン」とは、オープンなモジュールでつくられているパソコンとは異なり、そのハード、OS、主要アプリケーション、通信機能を統合化したパソコンで、利用できるアプリケーションや周辺機器が限定されている。その代わり、安定性や使い勝手、セキュリティが飛躍的に高い。「統合型パソコン」の詳細は、慶応義塾大学経済学部の田中辰雄先生の著書『モジュール化の終焉』(NTT出版、2009年12月)を読んでいただきたいのだが、その基本的なコンセプトはiPadとほぼ同等である。

 田中先生は、この「統合型パソコン」の市場性を確かめるため、2007年にコンジョイント分析を実施している。このコンジョイント分析の結果は、『モジュール化の終焉』に詳述されているが、仮に従来のモジュール型パソコンと同価格であったとして、立ち上げ3秒、設定済み、トラブルなしの「統合型パソコン」の市場シェアは約4割だった。

 「統合型パソコン」のコンセプトとコンジョイント分析の結果は、2007年に日本のある有力パソコンメーカーに持ち込まれたのだが、製品化されることはなかった。実に残念なことである。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)