ページの先頭です。

2012/11/22 09:10

連載

[週刊BCN 2012年11月19日付 Vol.1457 掲載]

7インチタブレットが業務革新を促進する
デロイトトーマツコンサルティング パートナー 八子知礼

略歴

八子 知礼(やこ とものり)
1971年生まれ、愛媛県出身。松下電工(現・パナソニック電工)、外資系コンサルティング会社等を経て現職。ハイテク・メディア・通信業界を中心に、新規事業戦略、業務改革等に従事している。著書に「図解クラウド早わかり」(日経BP社刊)がある。ITproにて“八子・モバイルクラウド研究所”を連載中。
 Appleの「iPad mini」が発売されて好調な滑り出しをみせている。その少し前に発売されたGoogleのタブレット「Nexus 7」も、入手が困難といわれるほどの好調ぶりだった。

 私は初代iPadが発表された3年半前に、スマートフォンとタブレットデバイスは7~8インチサイズに収斂されてくるだろうと予測していた。今の状況は、その予測の通りになった感がある。

 この7インチ周辺の画面サイズのタブレットは、かねてからサムスンや東芝などから複数の機種が投入されてきたが、今ひとつ市場の盛り上がりに欠ける面があった。Appleが満を持して参入したことで、これまでのモデル同様、コンシューマ領域を席巻することが容易に想像できる。「カバンに入れても苦にならず、片手でずっと持ち続けていられるタブレット」は、これまでタブレットを手にすることがなかった女性や、スマートフォンでは満足しきれないモバイルワーカーたちから注目を集めている。

 かつてこのコラムで書いたように、7インチ周辺のタブレットはまだ使い方が確立されているとはいえない。法人においては、パソコンが貸与されてこなかったか、特殊で高価な業務端末の利用を強いられてきたようなモバイルワーカーたちにこそ、この小さな画面の汎用的なタブレットは業務利用に向く最適な端末といえるのだ。これら卸、金融・保険、不動産、建設、医療福祉といった業界を中心とするモバイルワーカー達の生産性は、他の業界や職種の生産性と比べると近年著しく低下していることが多く、大きな課題となっていた。

 これらの業界の共通性としては労働集約型の業態であり、人に業務がついてしまう属人的なワークスタイルとなっていることも多く、なかなか業務改革が進まないというネックがあった。また立ち作業が中心となるワークスタイルに対しては、仕事に役立つ有力なツールが出現したことになる。モバイルワーカーたちにとっては、使い慣れたタブレットやスマートフォンを業務でも活用できるという道が開けるし、クラウドサービスなどとあわせてユーザー部門に提供することで、安価にかつスピーディに導入することができるので、獲得できる効果も自ずと高まるはずだ。

 これまで利用してきたデバイスと異なるこれらのモバイルデバイスの導入によって、ICTが行き届いていなかったワーカーたちの業務を革新し、創意工夫溢れる新しい業務にシフトできることを願ってやまない。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月17日付 vol.1674
変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

2017年04月17日付 vol.1674 変わりゆくバックアップソフト市場 主要メーカーの商流を探る

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)