ページの先頭です。

2014/11/13 09:07

連載

[週刊BCN 2014年11月10日付 Vol.1554 掲載]

図書館と書店のコラボが始まる
新文化通信社 社長 丸島基和

略歴

丸島 基和(まるしま もとかず)
 1963年、東京都生まれ。85年、法政大学卒業。同年、ニッパン・ポニー入社。その後、取次会社日本出版販売に出向し、ビデオ・CDレンタルなどの複合書店の出店事業に携わる。89年、出版業界専門紙『新文化』を発行する新文化通信社に入社。広告部を経て『新文化』編集長を12年間務め、05年、社長に就任。
 「図書館によるベストセラー作品の複数購入」が、ここ数年、書店界の懸案事項になっている。住民へのサービス強化を図る図書館が、人気のあるヒット作を何冊も蔵書することで、書店で購入する読者が減っているからである。
 最近の図書館では、人気作品なら100人待ちなんてことは珍しくない。無料で読めるなら、半年待ってもいいという利用者が増えて、書店の売れ行きはさっぱりだ。図書館のなかには同一銘柄を5冊、10冊と仕入れるところもあって、蔵書の増加に拍車がかかるばかりである。
 そんな現象を表す数字を少しだけ紹介することにする。2002年、書店での書籍販売数は7億3900万冊。それに対して、公共・学校図書館の貸出冊数は5億5700万冊だった。書店での販売が図書館の貸出冊数を上回っていたが、それは2009年に逆転してしまう。その後2012年には、書店販売数が6億8700万冊、図書館の貸出冊数が7億4400万冊となり、その差は年を追うごとに広がっている。 ...


続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)