ページの先頭です。

2015/03/12 09:08

連載

[週刊BCN 2015年03月09日付 Vol.1570 掲載]

カンボジアでみつけた、ちょっと意外な受託開発モデル
アジアビジネス探索者 増田辰弘

略歴

増田 辰弘(ますだ たつひろ)
 1947年9月生まれ。島根県出身。72年、法政大学法学部卒業。73年、神奈川県入庁、産業政策課、工業貿易課主幹など産業振興用務を行う。01年より産能大学経営学部教授、05年、法政大学大学院客員教授を経て、現在、法政大学経営革新フォーラム事務局長。毎月1回、東京の八重洲で「アジアビジネス探索セミナー」を開催している。「日本人にマネできないアジア企業の成功モデル」(日刊工業新聞社)など多数の著書がある。
 カンボジアの首都、プノンペンでなるほどとうならせるビジネスを発見した。カンボジアに進出している日本のITベンチャー会社(仮にFK社としておく)は、法的な手続きを取った正式な法人ではない。といって、駐在事務所でもない。同社のJ・Y氏(日本人)がカンボジア事業管理責任者として赴任しているだけで、現地では個人事業者の立場である。プノンペン市内にある3階建てのオフィス兼作業場では、10人ほどのソフトウェア技術者が熱心に仕事をしている。しかし、彼らはFK社の社員ではない。カンボジアの会社ではないのだから、当然ながら雇用はできない。作業場で働く彼らもまた、個人事業者なのである。日本でいえば、事業共同組合のようなイメージである。
 個人事業者が11人集まって同じ仕事をしている。日本企業から発注されるアミューズメント関係のデザインに関する仕事が多い。一応、午前8時から午後6時まで一緒に仕事をする取り決めにしている。仕事の内容は、高度な技術を要するものは少なく、各国共通のデザイン系が多い。仕事の契約は日本のユーザーとFK社の間で結ぶだけで、個人事業者とは交わさない。各自に口頭で仕事を発注し、出来高に応じて支払いを行う仕組みである。Y氏はそれほどクメール語が話せるわけではないので、仕事をするうえで言葉の問題はどうするのかと思うが、3人ほど日本語が話せる人間がいて、彼らが通訳も兼務している。カンボジアは労務管理が大変難しい。離職率が高く、ストライキも多い。しかし、FK社では、能力的に問題がある人に辞めてもらったケース以外には、デザインの仕事がイヤだといって自ら辞める人はいないそうだ。もちろん、このソフトウェアの受託事業が現地の法規に触れるわけではない。
 受託の単価は日本の3分の1で、コストパフォーマンスは非常に高い。これまでFK社が支払った経費は、Y氏の旅費、滞在費、オフィス兼作業場の家賃、中古の乗用車1台と10台のパソコンの購入費、それに毎日彼らが炊事をして食事をする米、野菜などの食材費などの雑費ぐらいである。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)