ページの先頭です。

2017/02/10 09:03

連載

[週刊BCN 2017年02月06日付 Vol.1664 掲載]

第3の波:Cyber TwinからCyber First へ
東京大学大学院 情報理工学系研究科教授 江崎 浩

略歴

江崎 浩(えさき ひろし)
 1963年生まれ、福岡県出身。1987年、九州大学工学研究科電子工学専攻修士課程修了。同年4月、東芝に入社し、ATMネットワーク制御技術の研究に従事。1998年10月、東京大学大型計算機センター助教授、2005年4月より現職。WIDEプロジェクト代表。東大グリーンICTプロジェクト代表、MPLS JAPAN代表、IPv6普及・高度化推進協議会専務理事、JPNIC副理事長などを務める。
 インターネットの第1の波は「ウェブ」、第2の波は「ソーシャル情報検索」、そして、第3の波は「IoT(Internet of Things)」あるいは「人工知能」や「ビッグデータ」といわれているが、これらは「Cyber Twin」さらに「Cyber First」と捉えるべきだろう。具体的には、以下の二つの変革・進化が、第3の波として起こりそうだ。

 一つは、サイバー空間が実空間に「染み出す」ということ。現在のIoTは、実空間の「スマート化」とも呼ばれ、サイバー空間が物理空間の神経系として、実空間の管理・制御を担っている。現在の「物理空間のスマート化」に続いて、サイバー空間の計算能力の向上は、実空間のコピーをサイバー空間で作成し(Cyber Twin)、実空間を制御するように進化している。次の段階として、サイバー空間で、CPS(Cyber Physical System)のほぼ完全な設計・シミュレーションを行い、その結果にもとづいて必要な実空間の物理オフジェクトを生成するようになりつつある。いわば、「Cyber First, Physical Second」である。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年02月06日付 vol.1664
セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

2017年02月06日付 vol.1664 セキュリティと人工知能 サイバー攻撃対策の新たなアプローチ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)