ページの先頭です。

2014/06/26 09:20

連載

[週刊BCN 2014年06月23日付 Vol.1535 掲載]

<中国・ASEANで儲ける――現地でヒットする商材・ダメな商材>第36回 上海や香港、ASEANの複数都市へ

 アイティフォー(東川清社長)は、強みとする債権管理システムを切り口に、海外進出のチャンスをつかんだ。前号でレポートした通り、同社は債権回収会社やクレジットカード会社などをターゲットにして、さらに債権管理という特定業務に限って展開しているが、それだけに競争力は高い。

「審査系」の展開も視野に

 まずは上海や香港などの中国の金融都市や、ASEANの主要国をターゲットに、「直近で片手は展開したい」(東川社長)と、5都市程度での受注を目指す。すでにタイで年内をめどに海外第1号の債権管理システムの本稼働を予定しており、これを機に一気に複数都市での受注を目指す。
 クレジットカード会社の業務システムは大きく「審査系」と「管理系」に分かれ、債権管理システムは滞納管理や電話催告などと合わせて「管理系」に属する。直近は「管理系」の商談が中心だが、ゆくゆくは「融資審査支援システムなどの審査系や、金融サービスを推進するシステムの需要が高まる」と、東川社長はみる。
 国や地域によっては、割賦販売が多くを占め、本格的なクレジットカード市場の立ち上がりはまだこれからのところもある。アイティフォーは、この6月に海外ビジネスの拡大を視野に入れたクレジットカード専門の営業部隊を新設。国内だけでなく、海外の主にアジア市場を中心に営業を強化する。複数都市への展開や、「申込み→審査→回収」といったワークフロー全体をカバーする商材の売り込みに力を入れる。(安藤章司)...


続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)