ページの先頭です。

2011/10/06 09:23

連載

[週刊BCN 2011年10月03日付 Vol.1401 掲載]

<連載・日本IBMの中堅市場戦略>第9回 ユーザー事例 北薩病院(下)

  • twitterでつぶやく

 鹿児島県の県立病院局は電子カルテシステムの導入を決め、その開発を任せるITベンダーとして、日本IBMのパートナーであるソフトマックスを選んだ。

日本IBMとの密な関係の決め手は「人」

ソフトマックスをサポートした日本IBMのパートナー&広域事業の神野弘幸担当課長
システム構築を担当した日本IBMのパートナー、ソフトマックスの斉藤克司取締役部長
 ソフトマックスは、鹿児島県に本店を置く九州地域の有力ITベンダーで、医療機関向けSIに強い。電子カルテの分野では、自社開発パッケージソフトの「HONEST カルテ」をもつ。今回のケースでもこのパッケージを活用して、電子カルテをつくり上げた。ハードウェアに関しては、「省スペースで省電力、高性能、高可用性を満たすものという条件をでサーバーを選定した」(ソフトマックスの斉藤克司・取締役部長鹿児島支店長)。さらに、日本IBMのブレードサーバーを採用。日本IBMのサポートを受けながら、機器構成を固めていった。

 実は、ソフトマックスは、日本IBM製品を扱うようになってから日が浅い。元々は東芝のオフコンディーラーだったソフトマックスは、オープン系システムも東芝のサーバーを採用していたが、後には日本ヒューレット・パッカード(日本HP)製品を多く販売するようになった。日本IBM製品を扱い始めたのは2年ほど前のことで、現在は日本HPと日本IBMの製品を案件に合わせて選んでいる。斉藤取締役は、日本IBM製品を販売する理由について「製品ラインアップが充実している点は日本IBMの強みだと思うが、正直にいえば、ハードウェアだけでみると日本HPとそんなに差はない。日本IBMとつき合うようになった理由は、『人』の要素が大きい。日本IBMのスタッフは、問い合わせに対して迅速に対応してくれるなど、丁寧に支援してくれたことがポイントだった」と話している。日本IBMの神野弘幸・パートナー&広域事業担当パートナー第三事業部担当課長は、「われわれの支援内容を評価していただいて、非常にありがたい」と顔をほころばせる。

 ソフトマックスは、北薩病院での電子カルテの運用が無事に本稼働したことを受け、今は同じシステムを県内4か所の病院に導入する準備を進めている。(木村剛士)

▼キャンペーンや課題解決の手掛かりなど最新情報はこちら
→http://www-06.ibm.com/businesscenter/jp/index.shtml
  • twitterでつぶやく


WebBCNはITビジネス情報に特化したサイトに生まれ変わりました!
PC・カメラ・デジタル家電の最新情報は「BCNランキング」で!

PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

トピックス

PR

IT業界団体のご紹介

ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2014年08月25日付 vol.1543
デルモデル 第二章 破壊と創造の新チャネル戦略

2014年08月25日付 vol.1543 デルモデル 第二章 破壊と創造の新チャネル戦略

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)