ページの先頭です。

2017/01/18 09:09

連載

[週刊BCN 2017年01月09日付 Vol.1660 掲載]

<異次元のビジネス創出 オープンイノベーション>第11回 日立システムズ(上) マンホール×IoT 自治体などの潜在ニーズを捉える

 IoTを社会インフラに適用する一環として日立システムズが選んだテーマは「マンホール」である。マンホールは自治体や公益企業などが運営する上下水道やガス、電気を通す土管、配管の蓋で、ここにセンサを取り付けることで、維持管理を省力化、効率化できるとの仮説にもとづいたものだ。(安藤章司)

 オープンイノベーションの布陣は、センサから上がってくるデータを統合し、遠隔で監視する日立システムズをはじめ、マンホールなど上下水道製品を製造するトミス、センサベンダーのイートラスト、通信機器ベンダーのシスコシステムズの4社。マンホールに関する知見が豊富なトミスの製品や施設を活用するかたちで、2016年5月から実証実験に取り組んできた。

 主な監視対象は、マンホールの開閉状態、有毒ガスの発生有無、水質・水量の状態などで、マンホールの開閉に関しては、盗難防止やテロ対策に有効に働くことが期待されている。有毒ガスや水質・水量の状態についても、災害発生時に刻一刻と変わる状況を把握するのに役立てていくことを想定している。

 マンホールを遠隔監視する発想は以前からあったが、コスト的に見合わなかった。ところが、IoTのコンセプトが一般化し、低消費電力のセンサと無線を組み合わせることで、コストを大幅に削減できることが判明。「IoTをきっかけとして、マンホールの遠隔監視サービスに向けた実現の可能性が一気に高まった」と、日立システムズの寺本昌由・IoT推進グループ主任技師は話す。

 もう一つ、マンホールの内側に無線の発信器を取り付けた場合、マンホールの鉄板で電波が遮られてしまう構造的な問題があった。この点については、無線通信の技術的な向上と、IoTを前提に開発が進む省電力・広域通信が可能なLPWAが普及し始めたことで状況が変化。今回のプロジェクトに勢いをつけた。

 主なユーザーである自治体や公益企業側も、少子高齢化に伴う財源問題や人手不足、維持管理対象の広域化が進んでいることから、現地に行く前にマンホールに関する情報を俯瞰できる遠隔監視へのニーズが高まっている。これまで人手になるアナログ業務をデジタライゼーションすることで、業務の効率化やコスト削減が見込めるからだ。


 その一方で、マンホール×IoTの実証実験を進めていく過程で、さまざまな課題も浮き彫りになっている。次号で詳しくレポートする。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)