ページの先頭です。

2012/08/02 09:22

連載

[週刊BCN 2012年07月30日付 Vol.1442 掲載]

<ITベンチャー新時代の鼓動>第11回 ITベンダーの関心度合いをみる 賞金でベンチャーを支援する動きも

 最近のITベンチャー企業は、クラウド基盤を活用して、低コスト・短期間でウェブサービスを開発するという特徴がある。その多くが、最初からグローバル展開を見据えて事業を展開している。このような新興のITベンチャーに対して、既存のITベンダーは、さまざまなかたちでアプローチを強めている。開発や運用の環境を無償で提供したり、事業計画の作成を支援したりするケースもあれば、出資することもある。

 ITベンチャーのデジタルコーストは、セールスフォース・ドットコムと資本提携し、国内ITベンチャーキャピタル(VC)などと合わせて総額約1億円の資金を調達した。同社は、コラボレーション機能の「Chatter」を組み込み、勤怠管理やプロジェクトの原価管理ができるクラウドサービス「チームスピリット」を提供している。

 国内ITベンダーにも同様の動きはみられないのだろうか──。外資系ITベンダーのようなかたちの支援を行っている大手ITベンダーはそれほど多くはない。ただ、ITベンチャーに対する関心が高いという様子はうかがえる。

 「弥生スマートフォンアプリコンテスト」を開催している弥生は、自社が主力とする領域の会計業務や販売業務を補完するAndroid/iPhoneアプリを募集し、弥生ユーザーの業務効率を向上させるスマートフォンアプリを表彰している。弥生が用意する賞金は、応募者のための“軍資金”であって、同社がアプリの著作権を買い取るという考えはない。

 弥生シリーズ連携アプリ部門で、グランプリを受賞したのがクラウドキャストだ。開発した「bizNote for 弥生会計」は、簿記や会計の知識をもたない人でも使えて、オフラインでの入力もできる経費入力アプリだ。交通費や消耗品費、接待交際費など、領収書がたまりやすい経費項目を初期設定として用意している。ビジネスに合わせて、項目をカスタマイズすることもできる。予算管理だけでなく、傾向分析チャート機能も搭載し、従業員から経営者まで幅広く業務を支援する。

 大手ITベンダーからは、“尖った”サービスを生み出す社内ベンチャーが育っている。ウェブアプリケーション統合基盤「intra-mart」を開発するNTTデータイントラマートは、NTTデータの社内ベンチャーから事業を開始し、2000年に専門会社として独立した経緯がある。一方で、ITホールディングスグループのTISの社内ベンチャーとして誕生し、大企業向けSNSなどを提供するソニックガーデンが、TISからのマネジメント・バイアウト(MBO、経営陣買収)を実行した事例もある。(信澤健太)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)