ページの先頭です。

2011/12/01 09:14

連載

[週刊BCN 2011年11月28日付 Vol.1409 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>55.ひがしの建設(下) 今後は「クラウド」の活用も視野に

担当ITコーディネータのプロフィール
担当者:齋藤謙一郎、浅井鉄夫
所属:ちば経営応援隊
ちば経営応援隊の活動内容:特定非営利活動法人として、主に千葉県の中小企業の経営力向上をサポートする。セミナーの企画開催をはじめ、窓口相談などによる個別企業の支援やIT利活用の啓蒙などを行っている。
齋藤謙一郎
ITC
浅井鉄夫
ITC
 千葉県・佐倉地区を中心にリフォーム工事を手がけるひがしの建設の千葉雅弘代表取締役は、今年の2月に、ITコーディネータ(ITC)の力を借りて、ITの活用に取りかかった。千葉県の中小企業を支援する特定非営利活動法人の「ちば経営応援隊」が開いたセミナーで、千葉代表取締役はITCの浅井鉄夫氏(ちば経営応援隊理事長)に個別に相談し、それをきっかけに同じくITCの齋藤謙一郎氏(同事務局長)と出会い、一緒にホームページの改善や「Excel」の活用に取り組むようになった。

 千葉代表取締役は、県が用意する中小企業向けの支援制度を利用して、定期的に齋藤・浅井両ITCとミーティングを行い、二人からのアドバイスを受けるかたちで、少しずつITの活用を進めている。最近の検討課題は、「クラウド」の利用だ。千葉代表取締役は、事業内容をわかりやすく伝えるために、工事現場の様子を撮影して、その写真をホームページに掲載している。しかし、写真が多くなるにつれて、画像を保存するパソコンのディスク容量の限界がみえてきた。齋藤ITCは、「クラウド型のサービスを利用すれば、スマートフォンで撮った写真をリアルタイムにオンラインストレージに保存することができる」と、千葉代表取締役にクラウドの活用例を紹介している。

 また、千葉代表取締役は、ホームページの改善と並行して、今、手書きでつくっている図面の作成を電子化するために、CADシステムの導入を検討している。しかし、CADシステムの導入は、業務の効率化や設計図の再利用を図ることができる反面、導入コストがかかるのがネックだ。

 そこで、浅井ITCは、「最近、CADシステムを数社が共同で使うという利用モデルが増えている。例えば、CADシステムを60人で共同利用すれば、一人あたりの導入コストが大幅に下がる」とアドバイスしている。

 齋藤・浅井両ITCは、「将来、ひがしの建設の身の丈に合った業務システムの導入を実現したい」と、さらなるITの活用による経営支援を考えている。(ゼンフ ミシャ)

現在の方法では、パソコンで画像を保存するディスク容量の限界がみえている

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)