ページの先頭です。

2012/01/19 09:15

連載

[週刊BCN 2012年01月16日付 Vol.1415 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>60.ホリデー・ワン(下) 最小限の投資に抑える

担当ITコーディネータのプロフィール
担当者:浅井鉄夫、朝日隆夫
所在地:浅井ITC=千葉県船橋市、朝日ITC=千葉県千葉市
実績:浅井ITC=約30年の製造業を中心とする企業支援の経験をもとに、コンサルティング事業を展開。朝日ITC=小売業の現場で約30年間、情報システムの構築に携わる。現在、アサヒ・ソリューション・オフィス代表。
浅井鉄夫
ITC
朝日隆夫
ITC
 商品の売り上げと仕入れの見える化に乗り出した衣料品店・ホリデー・ワン。見える化を実現するために、いくつかの策を打った。ITコーディネータ(ITC)の浅井鉄夫氏は「中小メーカーの衣料品はバーコードがついていない場合が多い。小売店側でつけるしかないが、個人商店にとっては大変。人はいないし、手間もそれほどかけずに間違いなく目的を達成できる仕組みづくりに頭をひねった」と語る。

 「最小限の投資で」という堀北敬治代表取締役の注文もあり、支出はITCのコンサル料に加えてPOSレジ1台にとどめた。10万円ほどのシャープの「XE-A280」である。「明細データをPCで管理できることを条件に、できるだけ安いものを探した。『XE-A280』はPLUのデータを1万件登録できるほか、SDカードを使ってCSV形式で吐き出したデータをExcelで加工することができる。LANをつなぐとなると、50万円近くかかる。データ転送は手作業で十分と判断した」(朝日隆夫ITC)。

 新たに編み出したPOSによる商品管理方法では、納品時に納品伝票を見て台帳に記入(その後PCに入力)する一方で、ハンドラベラーを使って貼札を2枚作成。2枚の貼札は、二段構成の値札に添付するようにした。商品の販売時に、店舗側が値札の半分を回収するような仕組みにしたのだ。PLUでPOSに登録した項目データは7枚用意したSDカードで毎日PCに転送し、随時POS売上表やアウターなどの販売商品の分析に役立てることができるように工夫した。朝日ITCは、「万が一、データ登録が漏れた場合を想定して、人手での管理ができるようにするため、半券から売れたことを追えるようにした」と、二段値札にした理由を説明する。

 POSレジの稼働は2011年8月。売り上げと仕入れを見える化したことで、売り損じを防ぐことができるようになった。(信澤健太)


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)