ページの先頭です。

2012/03/15 09:14

連載

[週刊BCN 2012年03月12日付 Vol.1423 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>69.原田左官工業所(下) ITで左官業のイメージを覆す

担当ITコーディネータのプロフィール
担当者:阿部満
所在地:東京都港区
実績:全国の中小企業支援機関のコンサルタントや中小企業大学校の講師などを務める。中小企業IT経営力大賞2011年度優秀賞(ITコーディネータ協会会長賞)2年連続受賞。
阿部満
ITC
 タイルの湿式工事などを手がけ、女性職人の積極的な採用などで異彩を放つ原田左官工業所(原田宗亮社長)。市場環境が厳しさを増すなかで、自社のIT基盤の構築を進めてきた。

 原田社長は、2003年頃、データベースソフトの「Microsoft Access」を使って、工事原価管理システムを構築した。これによって、「Microsoft Excel」での原価計算や人工(にんく)計算を、正確に行うことができるようになった。具体的には、40人の職人や協力パートナーを含む大量の工事現場の業務と材料などをそれぞれ原価管理することで、売り上げと利益の管理が可能となったのだ。

 職人と多数の現場を管理するためには、メールやネオジャパンのグループウェア「desknet's」などが導入効果を発揮。とくに、高齢の職人でも使用できる携帯電話が有効なツールとなっている。職人に対して、翌日の作業場への案内メールを午後3時に配信する業務フローを設定し、全員が携帯電話で確認できるようにしている。

 これまでのように、夕方に本社に帰社してから翌日のスケジュールを確認する必要はなくなった。原田社長は、「メールの一括送信によって、現場作業の進捗管理が容易になった」と説明する。

 ホームページのリニューアルに取りかかったのは2006年頃だった。外部の事業者に頼らず、自社で構築して運用している。その成果は如実に現れており、内装業者や住宅メーカー、個人リフォーム顧客から月あたり5件ほどの問い合わせが来るようになった。特殊左官工事の引き合いで、1件800万円程度の大型受注を獲得できたことも売り上げの増大につながった。

 同社のIT支援に携わった阿部満ITコーディネータ(ITC)と原田社長の出会いは、若手経営者向けのIT経営研修だった。阿部ITCは、「原田左官工業所は、しっかり原価管理ができていて、これまでの左官業のイメージとは異なっていた。業務に合わせてシステムをつくり、差異化を図っている」と評価する。IT導入では、IT経営研修で策定した戦略企画書をもとに、主にホームページのレイアウトやデザインについてアドバイスを行ったという。(信澤健太)


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)