ページの先頭です。

2012/06/28 09:14

連載

[週刊BCN 2012年06月25日付 Vol.1437 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>83.mama's cafe joy(下) 地域性を生かして認知度を向上

担当者ITコーディネータのプロフィール
担当者:小菅康浩
所属:湘南アイティケア
経歴と実績:湘南地区を中心に、中小企業と地域のウェブマーケティングコンサルティングに携わる。そのかたわら、IT活用セミナーの講師を務める。
小菅康浩
ITC
 昨年、mama's cafe joyを開設した山田綾子代表は、インターネットを活用してお客様を増やすことに取り組んでいる。後方で山田代表を支援しているのはウェブマーケティングのコンサルティングを得意分野とするITコーディネータ(ITC)の小菅康浩氏だ。山田代表は、「ウェブを通じ、お客様と会話をするかたちで、お客様を育てる」ことをコンセプトに、小菅ITCのアドバイスを受けながら、ウェブサイトのほか、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアを活用することを検討している。

 神奈川県藤沢市のmama's cafe joyは、母親たちが子どもを連れて、他の親子と交流しながら、くつろぐことができる場所──。山田代表は「自分がそういう場所がほしかったという思いからスタートし、カフェをつくった」と、経緯を語る。お客様を増やすために、メニューの拡充やイベントの開催などを考えており、オンラインで最新情報を発信することによって、藤沢市以外にもmama's cafe joyの認知度を高めることを目指している。

 「ネットで私どものカフェを閲覧して、遠くからいらっしゃる親子が日に日に増えている」(山田代表)と、ウェブの成果が出始めている様子を語る。山田代表のアドバイザーを務める小菅氏は、ITC活動にあたって地域とのつながりを重視している。湘南地区の地域活性化を目標とするNPO法人「地域魅力」との連携提案をきっかけに、mama's cafe joyでは藤沢産の材料を使ってつくる「藤沢炒麺」を販売するなど、「藤沢」を切り口とするメニューを広げている。

 mama's cafe joyは、母子向けのカフェであることから、健康指向のお客様が多い。山田代表はからだに優しい食べ物を求めるママたちのニーズを受け、野菜をたっぷり使った日替わりランチを用意するほか、5月には、動物性たんぱく質を一切使わないメニューを用意した。

 小菅ITCは「お客様がどのようなニーズを抱え、どう行動するかを想定し、ウェブの活用に関して今後もアドバイスしていく」と意気込む。ITCとしての支援を強化し、地域性を生かしながらmama's cafe joyの認知度を向上させることを方針に掲げている。(ゼンフ ミシャ)

健康指向のお客様が多いので、野菜をたっぷり使ったメニューを用意

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月08日付 vol.1640
中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

2016年08月08日付 vol.1640 中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)