ページの先頭です。

2012/08/02 09:14

連載

[週刊BCN 2012年07月30日付 Vol.1442 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>88.紀伊乃国屋(上) 高級旅館に舵を切る

ユーザー企業のプロフィール
企業:紀伊乃国屋
事業内容:旅館を運営。異なるコンセプトの旅館として、3種類の宿を保有する。
従業員数:48人
経緯:観光資源に乏しく、宿泊客が減少傾向にあるなかで、危機感を募らせた。
蛭田憲市
代表取締役
 千葉県の南房総で旅館業を営む紀伊乃国屋(蛭田憲市代表取締役)。コンセプトが異なる3種類の旅館として、「紀伊乃国屋 本館」「紀伊乃国屋 別亭」「お宿 ひるた」を保有している。漁港の風情が漂い、民家に囲まれている立地だが、大手宿泊サイトでは宿泊客から高い評価を得ている。

 魅力はなんといっても、地元の勝山港から直接仕入れる新鮮な海の幸。獲れたてのアワビの踊り焼きや伊勢海老のお造りなどを提供する。自家源泉で湧く温泉もあり、風呂の形状や雰囲気などが異なる客室を用意している。

 創業は、1955年頃にまで遡る。当時は、蛭田代表取締役の父親がシーズン限定で民宿を運営していた。通年旅館に鞍替えしたのが、20年ほど前のことだった。それでも稼働率は1年を通じて20~30%。春、秋に予約が入る学生の合宿などに収益を頼っていた。

 蛭田代表取締役は、「アクアラインや館山自動車道の開通で交通の便がよくなって、海水浴客が日帰りするようになった。それで、民宿がどんどん消えていった」と振り返る。観光資源に乏しく、宿泊客が減少傾向にあるなかで、危機感を募らせることになったという。

 2000年頃に、高級旅館として生き残るべく、大きく舵を切った。まず決めたのが、旅館のコンセプト。「『大人がしっぽりとからだを休めることができるところ』と定めて、子どもの宿泊は断るようにした」(蛭田代表取締役)。

 独自にホームページ(HP)を立ち上げて運営していたが、2年ほど前にウェブ制作会社を通じて、サイトを刷新した。現在、全体の宿泊予約の60%が自社サイト経由で、30%が電話、10%が宿泊サイト大手のじゃらんとなっている。

 全体の半数以上がリピーターであり、その多くが自社サイトで宿泊予約の手続きを済ませるので、販売促進費を低く抑えることができている。稼働率は、2011年は通年で91.6%を誇る。

 この実績を支えてきたのが、従業員による継続的なサービスの改善だった。宿泊客から回収するアンケートの内容をもとに評価ポイントを数値化し、「Microsoft Excel」で管理することで、サービス満足度の向上につなげている。(つづく)(信澤健太)

「紀伊乃国屋 別亭」の露天風呂付きの客室

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)