ページの先頭です。

2012/08/09 09:14

連載

[週刊BCN 2012年08月06日付 Vol.1443 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>89.紀伊乃国屋(下) アンケートの内容をExcelで管理

担当ITコーディネータのプロフィール
担当者:鬼澤健八
所在地:千葉県船橋市
実績:中堅・中小企業向けのIT経営支援を中心に活動している。経済産業省「IT経営力大賞」実践認定企業を3社輩出した。千葉IT経営センター理事。
鬼澤健八
ITC
 千葉県の南房総で3軒の高級旅館を展開する紀伊乃国屋。10年ほど前に事業転換を図り、新鮮な海の幸を提供する旅館として数多くのリピーターを獲得してきた。現在、宿泊客全体の50%ほどが千葉県内からの来訪者で、20%が東京都、20%が神奈川県、10%がその他となっている。

 蛭田憲市代表取締役は、「うちの旅館は民家に取り囲まれていて、観光資源に乏しいので、食事に力を入れている。美味しい料理を楽しんで、ゆっくりと過ごしてからお帰りになるお客様が多い」と様子を語る。

 2003年からは、宿泊客に書いてもらったアンケートをもとに、サービスの改善に取り組んでいる。アンケートには、従業員の接客の善し悪しをはじめ、料理や風呂の満足度などを5段階で評価する項目を設置。回答率は80%にのぼり、得られた評価は従業員の賞与にも反映している。

 チェックしているのは、単にアンケートの内容だけではない。例えば、予算に合わせて板前が仕入れた食材の原価から料理に対する宿泊客の満足度までをすべて数値化し比較することで、課題の抽出や目標管理にも役立てている。

 アンケートは、旅館・従業員に対する評価の把握と改善を促すツールとして、「Microsoft Excel」で管理。宿泊客から個別に聞き出す誕生日や好きな酒などの情報と組み合わせることで、サービス満足度の向上とリピーターの増加につなげている。宿泊客別の情報は、スキャンしてPDF化したファイルを保存しているという。

 蛭田代表取締役は、「お客様のニーズをすぐにつかむことができて、ムダが減り、資本投下も容易になった。次にどのような宿をつくればよいのかがわかるので、『あたるかどうかわからない』ということがない」と、Excel管理の効果を語る。鬼澤健八・ITコーディネータ(ITC)は、紀伊乃国屋の取り組みを整理。Excel管理が経営の安定化に結びついている点を明らかにし、経済産業省からIT経営実践認定企業として表彰を受けた。現在は、フェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)活用やSEO(検索エンジン最適化)で、ウェブ上での販売促進に磨きをかける支援をしている。蛭田代表取締役は、「今後も激変する世の中に対応できるように努力する」と話す。(信澤健太)

勝山港で揚がる新鮮な魚介類で宿泊客をもてなす

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)