ページの先頭です。

2012/11/08 09:13

連載

[週刊BCN 2012年11月05日付 Vol.1455 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>101.吉田運輸(下) 新規顧客の獲得で生き残る


阿部満
ITC
【担当ITコーディネータのプロフィール】
担当者:阿部満
所在地:東京都港区
実績:全国の中小企業向けITコンサルタントや中小企業大学校の講師などを務める。2010年中小企業IT経営力大賞、2011年度優秀賞(ITコーディネータ協会会長賞)。
 吉田運輸では、吉田勝治常務取締役の経営に対する強い危機感が、IT活用の原動力となってきた。ウェブサイトからの情報発信に積極的で、船井総合研究所のコンサルタントの力を借りて、問い合わせが増えるサイトづくりを心がけてきた。SEO対策を施し、「埼玉 運送業」の検索キーワードで上位に表示されるようになっている。

 ここ数年、吉田運輸を支援してきたのが阿部満・ITコーディネータ(ITC)だ。吉田常務が参加した中小企業基盤整備機構中小企業大学校の研修で講師を務めていた。SWOT分析など、経営のイロハを学ぶ研修を通じて、経営戦略に沿うIT戦略の策定とベンダー選定のためのRFP(提案依頼書)を完成させた。

 中小企業大学校の研修終了後、策定したRFPに従って開発会社を決定。阿部ITCの指導に従って早速着手したのが、自社専用の業務システムの開発だった。ウェブサイト上で、24時間いつでも見積もりと受注作業ができる自動見積もりシステムを独自開発し、今年7月、新規の荷主向けに公開した。

 吉田常務は、「これまでは、見積書を作成して荷主の手元に届くまで30分はかかった。ウェブでは5分以内で済むようになった」と満足げだ。その効果は如実に現れており、9月の見積もり件数は、前年の数件から五十数件へと急増した。

 ウェブ見積もりで捌ききれない分は他社にアウトソースすることで、コストダウンと利益拡大を図っている。現在は自社比率が約95%に上るが、「理想では5:5まで下げて、手数料を稼げるようにしたい」というのが吉田常務の考えだ。

 以前は売り上げ1億3000万円に対して、運送原価は7500万円に上っていた。現在は1億2000万円の売り上げに対して6600万円の運送原価となっており、ドライバー1人あたりの利益率が向上している。(信澤健太)


■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)