ページの先頭です。

2012/11/29 09:13

連載

[週刊BCN 2012年11月26日付 Vol.1458 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>104.クラウドサービスの普及(上) 潜在ニーズを掘り起こす


木島隆
ITC
【ITコーディネータのプロフィール】
担当者:木島隆
所在地:前橋市
実績:キジマ電器を経て、メディア・キジマ設立。中小企業支援ネットワークアドバイザー(関東経済産業局委嘱事業)などを務める。ITC群馬理事長。
 国内クラウド市場は急成長を続けている。だが、調査会社のノークリサーチによると、クラウドサービスをすでに活用している年商5億円以上50億円未満の企業は、14.6%にとどまるのが実情だ。

 中小企業にクラウド普及の余地がないわけではない。むしろ、ITベンダーが気づかない領域で、中小企業はクラウドの潜在的ニーズを抱えている。さまざまな業種・業態の企業にとって、事業に役立つ手段になり得るはずだ。ITコーディネータ(ITC)の活躍が期待されるのは、こうした見えづらいニーズの掘り起こしと、ITベンダーとの橋渡し役である。

 木島隆ITCのもとには、多くの中小企業から相談が寄せられる。例えば、映画の予告などの制作を手がけているある映像スタジオ。拠点間で大容量データの授受が発生することに悩んでいた。

 地域ごとの映画の公開時期の間隔が短くなるなかで、大容量データの扱いはやっかいな問題だ。無料のファイル転送サービス「宅ふぁいる便」を活用することを検討したが、データ保証の問題や転送データ量の制限があって断念。解決策を模索していた。

 木島ITCは、日本ユニシスにこの話をもちかけた。日本ユニシスから紹介を受けたのが、子会社のネットマークスが販売するファイル転送サービス「aspera」だった。パブリッククラウドサービスの「ニフティクラウド」を採用し、オンデマンド形式で利用できる仕組みを提供している。木島ITCは、「クラウド上で高速にファイルを転送できる」と評価。現在、見積もりを取っている段階だという。

 木島ITCは、こんな事例も挙げた。群馬県のプレス工業会が開催している勉強会に招かれて、クラウドについて説明をする機会があった。SaaS/PaaS/IaaSという用語などについて解説したが、「初歩的なことでも意外に理解されていないという印象をもった」という。現在は、日本ユニシスが事務局を務める製造業支援SaaS普及協会との連携を模索中だ。(信澤健太)


■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)