ページの先頭です。

2013/03/28 09:13

連載

[週刊BCN 2013年03月25日付 Vol.1474 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>120.イーエスケイ(下) 農家の生産管理を支援

 千葉県木更津市でシステム開発を手がけるイーエスケイ(片山健史社長)は、堀明人ITコーディネータ(ITC)と協力して、農業生産者向けアプリケーションを開発することにした。自らが就農者でもある堀ITCは、「農業は一生続けられる仕事。ITCとの兼業で始めた。畑に出るたびにいろんなことを学んでいる」というように、農業に関する知見が豊富な人物だ。イーエスケイと堀ITCが農業生産者向けアプリの開発に着手したのは2011年。千葉県内の10軒ほどの農家での実証実験を経て、12年10月にAndroid対応のアプリ「畑らく日記」の提供を開始した。


堀明人
ITC
【担当ITコーディネータのプロフィール】
担当者:堀明人
所在地:千葉県我孫子市
実績:企業に対して、BCP(事業継続計画)の策定や新規事業立ち上げなど、経営上の課題解決を支援している。2009年に我孫子市で農業を始めた就農者でもある。
 「畑らく日記」は、作物の状態や作業の状況、収穫した数量・単位などの情報をAndroidのスマートフォンで記録して、クラウドで連携したパソコンから管理できる仕組みになっている。堀ITCの発案で、作業記録をほかのユーザーと共有する機能を搭載した。ユーザーは、全国各地の生産状況を簡単に把握できる。また、「農家にとって、何百万円もかけてシステムを導入するのは現実的ではない」(片山社長)とみて、アプリの基本機能を無料で提供している。有料版は、作業記録をカレンダー形式で表示したり、アメダスの情報を表示したりできる機能を搭載して、今年3月末に提供を開始する予定だ。

 「畑らく日記」の最大の特徴は、作業記録を音声で入力する機能を搭載していることだ。堀ITCは、「自身の農業従事者としての経験と、実証実験での農家の声などから、手間がかからない音声入力の機能にはニーズがあると確信した」という。実際に、ユーザーからは音声入力の簡単さが高く評価されており、提供開始から約5か月間で約500軒の農家が利用を始めている。

 今後について片山社長は、「まずは日本全国の農家に使っていただき、生産管理に必要不可欠なインフラにしてもらいたい。ユーザーが増えてインフラ化が進めば、蓄積されていくデータを分析して活用したり、他の大手ITベンダーの農業向けシステムと連携したりすることも視野に入れている」と、ビジネス成功への道筋を示している。(真鍋武)

音声入力で簡単に記録できる

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)