ページの先頭です。

2013/04/25 09:13

連載

[週刊BCN 2013年04月22日付 Vol.1478 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>124.自治体で活躍するITC(下) セミナーで自治体案件を獲得


名和満
ITC
【担当ITコーディネータのプロフィール】
名和満
所在地:千葉県柏市
実績:中小・零細企業のIT経営支援のほか、IT企業に所属して、IT関連のプロジェクト推進を支援している。「自治体ビジネス研修」をきっかけに千葉県印西市の案件を獲得した。
 ITコーディネータ協会(ITCA)は、ITコーディネータ(ITC)の活動領域を民間企業から自治体へと広げるために、2010年から「自治体ビジネス研修」を月に1回ほどのペースで実施している。セミナーでは、自治体に関する基本的な知識から実際の提案の仕方、自治体クラウドへの本格的な移行方法までを紹介する。これまでに約500人のITCが受講しており、そのうちの約100人が実際に自治体を訪問している。

 主に千葉県で活動している名和満ITCは、セミナーをきっかけとして自治体の案件を獲得したITCの一人。名和ITCは、2010年頃にITCとして本格的に働き始めたが、「中小・零細企業の案件だけでなく、より利益を上げるために、新たな営業先を探していた」(名和ITC)という。自治体に仕事があると聞いて、第一回目のセミナーに参加した名和ITCは、研修を受けた翌日から自治体への営業を始めた。千葉県内の数十か所の自治体を訪問したところ、印西市の案件を獲得することができた。「研修では、自治体の担当者が警戒心を抱かないように“営業”という言葉を使わないなど、実践的なことを教わったが、こうした気遣いで自治体の担当者とのコミュニケーションを円滑にすることができた」(名和ITC)という。

 名和ITCは、印西市で12~16年度の情報化計画の策定や、市がアウトソースしている基幹システムの運用コストの見直し、市職員向けの情報セキュリティの研修、市のウェブサイトの再構築に向けたRFP(提案依頼書)の策定を行った。実際に自治体で働いてみて、「自治体は、ITベンダーから特定の製品を提案されることを不本意だと思っている。その点でITCは、中立的な立場から支援でき、細かなニーズに応えやすい。ITCにとって仕事をするのに最適な環境だ」と実感している。

 自治体にはまだまだITCの活躍できる余地が残っていると確信した名和ITCは、今度は自分の所属するNPOちば経営応援隊のメンバーと一緒になって、千葉県庁の案件を獲得しようとしている。県庁では、印西市でやってきた仕事に加えて、「県内の自治体や教育機関を巡回して、県内全域のITリテラシーを向上するための研修会などを開催できるように提案している」と意欲をみせている。(真鍋武)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)