ページの先頭です。

2013/07/25 09:13

連載

[週刊BCN 2013年07月22日付 Vol.1490 掲載]

<IT経営の真髄 ITCの支援で企業はこう変わる!>136.伊藤家具(下) RDBMSの刷新でECサイトの動作を改善


谷内剛
ITC
【担当ITコーディネータのプロフィール】
担当者:谷内剛
所在地:千葉県柏市
実績:主に千葉県で中小企業のITを活用した経営の支援を行っている。千葉県下の中小企業の経営を支援しているNPO法人ちば経営応援隊の理事を務めている。
 ECサイトの運用を効率化するために、コンテンツ管理システム「EC-CUBE」を導入した伊藤家具(伊藤兼次社長)は、サイトに掲載する商品点数を増やしたところ、サイトの動作が遅くなった。そこで、店長の伊藤元雄専務取締役は、千葉県で活動している谷内剛ITコーディネータ(ITC)に相談した。

 谷内ITCは、まず、伊藤家具の自社サーバーが老朽化していることに目をつけた。サーバーを刷新したところ、「ECサイトのページを閲覧するためにかかっていた時間が、それまでの約30秒から半分くらいにまでに減った」(伊藤専務取締役)。ただ、それでもページの閲覧に10秒以上の時間がかかるという、別の問題が残っていることがわかった。

 谷内ITCは、次にリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)に問題があると推測した。「EC-CUBE」では、MySQLとPostgreSQLのどちらかをRDBMSに使用できる。伊藤家具では、従来から利用していたMySQLを「EC-CUBE」導入後も継続して使用していた。しかし、MySQLを「EC-CUBE」で利用すると、動作環境が悪くなるという他社の事例がいくつか出ていたのだ。

 PostgreSQLに刷新してみると、「劇的に動作が改善した」(伊藤専務取締役)という。11年の夏に刷新したが、商品点数が3000点を超えても安定して稼働。そのおかげで、12年には売上高を前年の約2倍に向上できた。

 現在、伊藤家具では、谷内ITCと協力して、新たなECサイトを制作中だ。伊藤家具のECサイトは、立ち上げた時期が早かったこともあって、後発の競合サイトと比べてサイトの構成が古くなっている。また、「顧客のニーズが多様化していて、ただ3000点の商品を掲載しているだけでは効果的ではない。顧客をセグメントして、より商品の魅力を訴求しやすいECサイトをつくる必要がある」(谷内ITC)。そこで、輸入家具のニーズが高いとみて、デザイナーズマンション向けに特化したECサイトを構築中だ。伊藤専務取締役は、「来年の消費税増税に向けて、現在、家具の需要が高まっている。今年7月には新しいECサイトを完成させて、拡販につなげたい」と意欲をみせる。(真鍋武)

伊藤家具のECサイト

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)