ページの先頭です。

2016/03/31 09:16

連載

[週刊BCN 2016年03月28日付 Vol.1622 掲載]

<世界とどう戦う?国産No.1ベンダーの挑戦【企業研究 富士通編】>第26回 ネットワーク運用を属人化から解放する

 富士通は、ネットワークのあるべき方向性として、(1)仮想化(2)見える化(3)標準化(4)自動化というプロセスが必要になり、これを実現する技術としてSDNを位置づけている。より具体的に、同社ソリューションのあり方を探る。(本多和幸)

 ネットワークの仮想化の歴史は古く、「サーバーの仮想化など比べても、VLANなどでずっと先行している」(清水聡・サービス&システムビジネス推進本部DC&ネットワークビジネス統括部ネットワークプロダクト推進部部長)状況だった。ただし、仮想化によりリソース活用の効率は上がったが、障害が発生した時に原因部分を特定するのが困難になったり、ネットワーク図が非常に複雑になり、設定の変更などはPC上で手軽にできるようになっても、それをネットワーク図にきちんと反映させて管理していく手間が増えたりという課題も出てきた。そのため、ネットワークの管理という業務自体の属人化が進んでしまった。
 富士通がSDNで解決しようとしているのはまさにこの部分で、「物理、仮想を問わずネットワークを見える化するとともに、標準化することが重要だと考えている。ネットワークの基礎構築は専門知識が必要だが、簡単な運用などはある程度誰でも触ることができる業務にしていくというコンセプトのサービスをSDNで展開している」(清水部長)。
 例えば企業内で、ネットワークの管理者側に、エンドユーザーから「端末が1台増えたのでVLANを追加してほしい。条件は隣の端末と同じでOK」という要求があったとする。基幹系や情報系など、システムごとに物理ネットワークを構築していて管理もバラバラだったりすると、セキュリティ設定なども含めて、一連の作業に専門の限られた人材しか対応できず、スピーディなネットワーク変更も難しかったという。しかし、SDNを活用することでこれを解決できると清水部長は説明する。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年03月13日付 vol.1669
信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

2017年03月13日付 vol.1669 信州がPC市場を支える!?純国産を貫く信州PCメーカーの取り組み

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)