ページの先頭です。

2016/04/07 09:23

連載

[週刊BCN 2016年04月04日付 Vol.1623 掲載]

<世界とどう戦う?国産No.1ベンダーの挑戦【企業研究 富士通編】>第27回 既存資産も生かしたネットワークの可視化

 もはやあらためて強調するまでもないが、SDNへの注力は富士通だけの戦略ではない。むしろ、大手ネットワーク機器メーカーや総合ITベンダーなどの競合各社が市場をリードしているのが実情だ。そんななかで、富士通が強みとして訴求していくポイントとは──。(本多和幸)

 富士通は、少なくとも企業向けのSDNソリューション単体で儲けようと考えてはいないという。端的にいえば、顧客のITシステム・ネットワークを可視化することで棚卸しし、次の提案につなげていくツールとして位置づけているのだ。富士通のSDNの特徴について、清水聡・サービス&システムビジネス推進本部DC&ネットワークビジネス統括部ネットワークプロダクト推進部部長は、次のように説明する。
 「ネットワークだけでなく、オンプレミス、クラウドを問わず、サーバーやストレージなどを含めた物理、仮想両方のリソース、さらにはファイアウォールやロードバランサまで、ICTリソース全体の一元管理・制御を実現できる。その際、マルチベンダーでネットワーク機器や各種のハードウェア、ソフトウェアを適材適所に利用できるようにしているオープン性も大きな強み。シスコシステムズやパロアルト、アルバといったグローバルプレイヤーの製品に、インテグレーションの力でプラスアルファの価値を乗せたソリューションを提供している。また、オープンソースのソフトウェアも必要に応じて採用し、カスタマイズや、他システムとの連携のしやすさを追求している。マルチベンダーの製品、マルチクラウドなど、いろいろなサービスをお客様が利用することを前提とした運用管理を考え、提案していく」。
 例えば、SDNの領域でトップベンダーとして存在感を発揮するNECのソリューションと比べると、その方向性の違いは顕著だという。「ネットワークの障害対応や追加・変更などを完全に自動化できる仕組みをつくりたいというニーズがあれば、それはNECさんじゃないと応えられないかもしれない」と、清水部長は話す。一方で、「完全自動化の世界を実現するというのは、すべてのネットワーク機器を特殊な独自のプロトコルに対応したものに入れ替えて、あらゆる可能性を想定したネットワークを設計するということ。富士通のSDNは、特殊なプロトコルも使わないし、既存の機器をそのまま流用していただくこともできる。コスト面でのメリットには大きな開きがあると考えている」と、富士通ならではの強みもあるという。ネットワークの運用をSDNの導入で大幅に効率化したいというユーザーでも、既存の資産をなるべく生かしたいというニーズは根強い。現実的な提案でSDNの効果を最大化するという富士通の考え方は、一定の支持が集まりそうだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)