ページの先頭です。

2013/01/10 08:05

連載

[週刊BCN 2013年01月07日付 Vol.1463 掲載]

【2013年 年頭所感】 東芝ソリューション

チャレンジ

河井信三 社長
 厳しい市場環境ではあるが、果敢にチャレンジしていくことでビジネスチャンスを掴む。2012年を振り返れば、高品質なクラウドサービスの基盤として、新しく数百ラック規模のデータセンター(DC)を確保したり、ストレージ製品の販売にも本格的に乗り出した。グローバルITサポートの面では、中国だけでなく、ASEAN地域やインドでのさらなる拠点整備も動き始めている。こうした商材を仕込んだことによって、2013年は再び力強い成長の軌道に乗せる。

 DC基盤については、12年7月に都内に新しいDCを確保したのに続き、13年度中には神奈川県にも数百ラック規模の確保を目指す。ストレージについては、東芝のNANDフラッシュメモリを記憶媒体に使った米バイオリンメモリー社のフラッシュアレイストレージの販売に本格的に取り組んできた。リレーショナルデータベースでのトランザクション処理の比較では、HDDの約23.3倍、SSDの3.6倍も速い。

 東芝というメーカー系SIerの強みとして、ストレージやサーバーを改めて有力商材と位置づけ、自らのITソリューションに組み込んでいく。同時に、ハードウェア製品についてはパートナー経由での販売を拡大していくことで販売量の増加につなげる。グローバルでは中国に続いて、シンガポールでも地域統括会社的な役割を担う拠点の立ち上げを検討するなど、当社の優秀な社員を総動員してチャレンジしていく。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)