ページの先頭です。

2016/01/07 09:36

連載

[週刊BCN 2016年01月04日付 Vol.1610 掲載]

【2016年 年頭所感】 富士通エフ・アイ・ピー
サービスビジネスの変革をリード

米倉誠人 社長
 富士通のデータセンター(DC)サービスのデリバリと開発を、2015年4月から当社が一手に担うことになった。DC関連ビジネスの競争力強化を目的とした事業の統合・再編だったが、すでに10億円程度のコストダウンを実現している。ただ、富士通のサービスビジネスのインフラを担うグループ会社として、さらに変わらなければならないところもある。富士通の営業部隊との連携を強化したり、自社サービスの営業体制を強化したりするのはもちろん、営業会社である富士通マーケティングや各SI子会社など、他の富士通グループ企業との連携も深める必要がある。加えて、地域のパートナーの支援にも注力して、販売チャネルの拡大にも積極的に取り組み、富士通グループ全体のサービスビジネスの変革をリードしていきたい。

 具体的な施策としては、全国のDCをうまくつないで、お客様に場所を意識しないで使ってもらえるようなサービスインフラの基盤整備を行うほか、お客様ごとに最適なクラウドサービスを組み合わせたIT環境を提案できるテクニカルセールスも必要だと考えており、「クラウドコーディネーター」のような人員を育成する。

 また、近年需要が急増しているギフトカードなどの電子マネーサービスは引き続き好調で、ビッグデータ分析サービスをアドオンするといった付加価値を高めるための機能向上に取り組んでいる。インフラ運用の世界にAIを導入して効率化を図ることも考えていて、先進トレンドを積極的に活用したサービス開発を継続していきたい。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)