ページの先頭です。

2017/01/11 09:21

連載

[週刊BCN 2017年01月02日付 Vol.1659 掲載]

【2017年 年頭所感】 富士通エフ・アイ・ピー
「次の10年」に向けたスタート

米倉誠人
社長
 富士通の全額出資により前身のエフ・アイ・ピーが設立されてから、2017年で40周年を迎える。当社の市場における存在感を高めるとともに、社員全体で次の10年の事業のあり方を考える機会にしたい。

富士通グループ全体の方針として、営業利益率10%という大きな目標を掲げているが、当社も独自に、営業利益率10%を達成するための中期経営計画の策定を検討している。利益を出せる企業になるのは重要なこと。それでこそ、イノベーションを生み出すための投資を継続できる。お客様そのものが変化し続けるなかで、われわれは得意技を生かしつつ、新しい付加価値をもつクオリティの高いサービスを提供し続けていかないといけない。そのためには、一人ひとりがイノベーションを起こせるような企業風土を醸成することが不可欠だろう。

 個別の事業に目を向けると、ITアウトソーシングなどの既存事業は予定通り。また、電子マネーやポイントサービスなど、これまで当社が手がけてきたさまざまなサービスをクラウド化してSaaS化として提供するようなビジネスは依然として好調で、比較的大型の案件も受注できているほか、自治体の地域ポイントへの活用など、より幅広い市場のニーズが出てきている。

 こうした新しい成長領域を、もっとたくさんつくっていかなければならないと考えているし、そのためには、これも富士通本体と同様、お客様やパートナー企業との共創をさらに推進していく必要があると感じている。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)