ページの先頭です。

2015/04/23 09:08

連載

[週刊BCN 2015年04月20日付 Vol.1576 掲載]

<畔上編集長が今、いちばん気になるクラウド>第2回 時代に合わせた新たなパートナー制度が始まる 支援プログラムはどうあるべきか

 クラウドサービスとパートナービジネスは、相性が悪いといわれることが多い。とくにオンプレミスのソフトウェアを販売しているパートナーは、顧客が奪われるのではないかとの懸念から、クラウドを敬遠しがちだ。利用企業が1万社を超えたサイボウズのクラウドサービス群「cybozu.com」だが、パートナーとの協業がなければその達成はなしえなかった。サイボウズはパートナーをどのような施策で支援してきたのか。さらなる飛躍に向けて、必要な施策とは何か。パートナープログラムのキーパーソン、営業本部長の中原裕幸氏と営業副本部長の栗山圭太氏に、その内容を聞いた。

気になるパートナー戦略 クラウド対応の新支援制度

●パートナービジネスとクラウドサービスとの相性

サイボウズ
営業本部長
中原裕幸氏
 「パートナービジネスを担当して約半年、この間に進めてきたことの集大成が、パートナープログラムの刷新」だと、栗山氏は話す。マーケティング部門から現職に就いた栗山氏は、この約半年、パートナーを訪問して要望や改善点を調査。そのなかで今進めるべき最優先事項が、パートナープログラムの強化だと結論づけた。

 サイボウズのパートナービジネスの始まりは、今から約13年前の2002年にさかのぼる。大企業向けグループウェアであるガルーンの発売と同時に、パートナーを通じた間接販売を始めた。これによって、中小企業に対して直販するスタイルに加えて、大企業に向けITベンダーを通じて拡販するモデルも確立した。

 サイボウズのクラウドサービス群である「cybozu.com」も、パートナーを通じた間接販売でユーザーを増やしている。クラウドとパートナービジネスは相性が悪いといわれがちだが、中原氏は「それは間違っている。ユーザーのクラウドに対する関心が高まっていて、とくに中規模以上の案件ではITベンダーのノウハウを頼りにしている。市場ニーズを踏まえ、パートナーもクラウドに対して本気で取り組んでいる」と順調であることを強調している。

 ただし、現状に満足しているわけではない。中原氏と栗山氏が必要と判断したのは、パートナー支援制度の刷新だ。

 「パートナー制度は、ガルーンを発売したときに始めた初期モデルから、改良を重ねて進化させてきている。ただ、cybozu.comでラインアップする複数のサービスをパートナーが気持ちよく販売してもらうためには、今の支援制度では不十分だったり、ミスマッチなものがあった。利用企業が1万社を超えた今、パートナー支援制度を見直すときだと思った」と栗山氏は話す。今年度(2015年12月期)、サイボウズはパートナープログラムの刷新を予定している。

●パートナー同士の連携を推進し、共同でユーザーを獲得していく

サイボウズ
営業副本部長
栗山圭太氏
 新たにつくり直すパートナープログラムは、従来のグループウェアを販売しやすくする内容に加えて、アプリケーションソフトの開発・実行基盤である「kintone」をパートナーが取り扱いやすいようにする。これまでは「プラチナ/ゴールド/シルバー」といったパートナーの販売実績に応じた支援内容だった。それに対して、新支援制度ではパートナーがもつ得意分野ごとにカテゴライズするという。

 具体的には、営業に強い「セールスパートナー」、開発に強い「開発パートナー」、ユーザー企業の課題を分析して、最適なITシステムを提案する「コンサルティングパートナー」に区分けする。

 「パートナーは、それぞれ強みがあり、弱みがある。強みを伸ばし、弱みを私たちや、他のパートナーが埋められるようにすることが今回の新支援制度の目的」と中原氏は語る。新支援制度を提供することで、パートナー同士が連携し合い、共同でユーザーを獲得できるような取り組みや仕掛けを推進していくという。

 「パートナーは着実に全国に広がっているが、ある地域では顧客を獲得できてもアプリケーションの開発リソースが足りていなかったり、逆のケースもある。こうした受給のアンバランスさを解消して、ユーザーとパートナーの双方が高い満足度を得られるようにする。今年度から新たなパートナービジネスが本格的にスタートする」と中原氏は言い切る。

 今後の成長にはパートナーとのさらなる協業関係が欠かせない。サイボウズは、それを新規パートナーの獲得に注力するのみではなく、パートナーが抱える課題など、一歩踏み込んだ支援策で差異化を図っていく考えだ。


編集長の眼
パートナーのビジネスに変革をもたらす

 「素直にパートナーの力を実感している」と栗山氏。クラウドは導入コストが小さいことから、パートナーが敬遠するというのはよくある話だ。ところが、サイボウズのパートナー数は順調に増えているという。それを可能にしているのは、クラウドという時代の流れだけではない。サイボウズのクラウドには、パートナーのビジネスに変革をもたらす力があるからではないか。例えば、ガルーンの販売が中心だったパートナーが、kintoneによってシステム開発を手がけるようになる。ユーザー企業が望む短期間のシステム開発にも、kintoneなら応えられる。さらに、パートナー同士で補完し合える支援制度が用意されるのも心強い。

 次回のテーマは、サイボウズの主力製品であるクラウド版ガルーンの製品戦略とパートナー戦略。難しいとされるパッケージ製品のクラウド化に成功したサイボウズの取り組みに迫る。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)