ページの先頭です。

2017/02/22 09:08

連載

[週刊BCN 2017年02月13日付 Vol.1665 掲載]

<おさらいキーワード>第5回 RDB、NoSQL

RDB

 「リレーショナルデータベース」の略。「関係モデル」という概念を基礎にしており、大量のデータを表形式で管理し、関連する情報を抽出できる。データベースの仕組みでは現在、最も主流になっている。

 関係モデルは、IBMの研究所に所属していた英国人科学者、エドガー・F・コッド氏(故人)が1970年に論文で発表した考え方。数学の集合論にもとづいて、データ全体を表(テーブル)として捉える仕組みだ。

 具体的には、データを表の横方向にあたる「行」(ロー)に並べ、1行分のデータが「組」(レコード)となる。縦方向は「列」(カラム)と呼び、データの属性(フィールド)を示す。ちなみに、行と列、表は、日本工業規格(JIS)の用語となっている。

 RDBの特徴は、それぞれの表を関連付けて設計し、必要なデータを抽出しやすくしている点だ。表を結合して新たに別の表をつくることもできる。複雑なデータを活用できるため、企業では、人事や在庫、顧客の管理など、目的が決まっている場合に使われている。

 管理には、「リレーショナルデータベースマネジメントシステム」(RDBMS)という専用のソフトウェアを使う。RDBMSの操作には、SQL(Structured Query Language)という人工言語を用いる。

 主なソフトウェアは、米オラクルの「Oracle Database」や米マイクロソフトの「Microsoft SQL Server」など。オープンソースのソフトウェアでは、「MySQL」や「PostgreSQL」がある。

NoSQL

 「ノーエスキューエル」と読む。人工言語のSQLを使わないことから「Not Only SQL」と解釈される。一般的にRDBMS以外のデータベース管理システムを指す。

 NoSQLの考え方は、2000年に入ってから注目が集まったといわれている。ウェブなどのデータ量が増加したり、多様化したりしたことで、より高速で柔軟性の高いデータ処理が求められていることが背景にあった。

 NoSQLは、基本的に関係性を持たせずにデータを扱うことができ、RDBMSでは難しいスケールアウトも可能だ。大量のデータを分散して処理することができるので、最近では、ビッグデータの分析などに使われている。

 データの構造は、キーバリュー型とカラム型、ドキュメント型、グラフ型の4種類に大きく分類できる。操作言語は製品ごとに違うが、一般的なプログラミングの知識があれば操作は可能とされている。

 一方、「結果整合性」という考え方にもとづいて仕組みが構築されているため、データの整合性がない状態が一時的にある。整合性が厳密に必要となるデータを扱う場合には注意が必要だ。

 また、トランザクション処理も、RDBのように機能的にできない場合がある。そのため、データの更新や削除などの操作を必要とする場面では、弱点となることがある。

 NoSQLは当初、RDBMSの代わりになると考えられていた。しかし、企業の業務管理など、定型のデータを扱う際は、あまり利点が生かせない。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)