ページの先頭です。

2017/02/22 09:09

連載

[週刊BCN 2017年02月13日付 Vol.1665 掲載]

<プリンタ×クラウド>第1回 富士ゼロックス(上)クラウド連携が業務効率化を支える

 プリンタメーカー各社は、オフィス業務を改革するオフィス・ソリューション事業に注力している。その中心となるのがクラウドサービスだ。富士ゼロックスは、自社やパートナー企業のクラウドサービスとの連携を強化し、企業の業務効率化を支援する。

 ペーパーレス化といわれつつも、紙の資料は簡単にはなくならない。紙の資料をスキャンし、デジタル化しても、顧客に提出するために大量の紙の資料を印刷して持ち歩くフィールドワーカーは多い。大量の紙の資料を常に持ち歩くのはなぜかと突き詰めると、資料を印刷できるのが社内だけ、と場所に縛られているからだ。

 富士ゼロックスは、時間と場所を問わない複合機の活用、ひいては新たな働き方の提案として、クラウドサービス連携を提案する。

 DropboxをはじめGoogleドライブ、Evernoteなどと連携し、複合機を使って紙の資料をデジタル化してクラウド上に保存する。このクラウド上のドキュメントに複合機からアクセスし、印刷できるようにした。

ApeosPort-VI C7771 PFS
 一人ひとりが保有するデータ量が増加の一途をたどる現代において、データの検索機能は必須だ。富士ゼロックスが提供する複合機とクラウドの連携を支えるサービス「Cloud Service Hub」の活用で、クラウドを横断した検索が可能になる。シーンに合わせてクラウドを使い分けながらも、検索時には一つのストレージとして横串検索を可能にしたことで、データを探す時間を大幅に短縮できる。

 もう一つ、フィールドワーカーに提案したいのが「Cloud On-Demand Print」だ。PCやモバイル端末からクラウドサーバーにドキュメントを登録し、他事業所やホテルなどの複合機や全国のセブン-イレブンのプリンタで出力(ネットプリントサービス)することができる。営業時や出張中、イベント参加の際など、現地で必要なだけ出力できるので、常時紙の資料を持ち歩く必要がなくなる。

 さらにドキュメントデータをPCやUSBメモリなどに保存して持ち歩くと、紛失や故障によるデータの流出・喪失のおそれがあるが、クラウドを活用することで、これらを回避できる。なお、セブン-イレブンのプリンタを使用できる「ネットプリントサービス」は、利用代金の一括精算を利用することで、経費精算の手間を削減できる。クラウドを活用することで、時間と場所の縛りから顧客を自由にし、業務効率化を支援している。(つづく)...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)