ページの先頭です。

2017/03/22 09:10

連載

[週刊BCN 2017年03月13日付 Vol.1669 掲載]

<プリンタ×クラウド>第5回 エプソン販売(上)BtoCから拡大したクラウド連携

 BtoC向けのインクジェットプリンタ市場では、4割(BCNランキングデータ 2016年暦年)と高いシェアをもつエプソン。コンシューマで培ったノウハウを生かし、08年にビジネス向けのインクジェットプリンタ市場に参入した。

 レーザー方式が主流を占めるページプリンタ市場。エプソン販売は08年にビジネス向けインクジェットプリンタを投入し、11年にクラウドソリューションを含めて本格的に取り組み始めた。

 コンシューマ向け市場で培ったノウハウを注ぎ込んだのは、製品開発だけではない。クラウドソリューション展開にも注力した。

 コンシューマ向けインクジェットプリンタ「カラリオ」シリーズでは、11年に印刷したいドキュメントをメールに添付して、メールアドレスをもつネットワークプリンタに送信し印刷する「メールプリント」などのクラウドプリント機能の提供を開始した。

高山一樹
BP MD部企画課長  コンシューマ市場から始めたことについて、BP MD部の高山一樹企画課長は「スマートフォンやタブレット端末などのモバイルデバイスからの印刷を考えた時、当時、コンシューマユーザーのほうがスマートデバイスをもっている割合が多く、始めやすかった」と話す。

 その後、ビジネスの現場で時間や場所を選ばない働き方「ノマドワーカー」が広がってきたことを受け、12年、複合機のスキャナやコピーの機能を活用したビジネス向けのクラウド連携サービスとして「Epson Connect」を開始した。メールプリントのほか、スマートフォンやタブレット端末から出張先のプリンタで資料の印刷やスキャンができる「Epson iPrint」、サーバーアプリケーションを導入したWindowsサーバーを設置することで、クラウドを経由せずに社内ネットワークで活用できる「メールプリント for エンタープライズ」などを提供。本社から支店のプリンタに直接印刷できるなど、場所を問わないプリンタの活用環境を提供した。

 最近は、クラウドソリューションとの連携として、同社が展開する会計業務効率化を支援する「Weplat クラウドサービス」と連携させた「ウェプラット・クラウドサービス」を開始した。領収書・請求書などを複合機のスキャナを使ってスキャンし、クラウドに送信することで専任オペレータが仕訳入力を行う。人手が足りず、領収書の仕訳作業などが滞りがちな中小企業にとっては会計業務の効率化に結びつく。

 今後、クラウドサービスとの連携は少しずつ強化していく。大企業への採用を目指し、自社だけではなくソリューションパートナーと連携してサービスを提供していく考えだ。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)