ページの先頭です。

2013/11/27 16:50

連載

<燃えよユーザー会 ~もっとITを有効活用したいユーザー企業へ~>
Facebookページの「いいね!」で集まる“ゆるい”グループ――Japan Oracle User Group(JPOUG)

 「Japan Oracle User Group(JPOUG)」には、会員名簿がない。JPOUGのFacebookページで「いいね!」を押せばメンバー(会員)ということになり、それ以上の管理はしていないからだ。一般的なユーザー会にみられる「会長」もいない。6人のボードメンバーがいるものの、JPOUGの運営にかかわりたい有志が集まっているにすぎない。日本オラクル公認のユーザーグループでありながら、自然発生的に生まれ、自由に活動している。他に類を見ない緩い組織だが、JPOUGにかけるメンバーの思いは熱い。

孤独で重責を担うDB技術者

 JPOUGには、会費がない。そもそも入会というきっちりとした事務処理がなく、入会手続きはJPOUGのFacebookページ(https://www.facebook.com/jpougfan)で「いいね!」ボタンを押すか、Doorkeeper(http://jpoug.doorkeeper.jp)のJPOUGコミュニティに参加するだけでメンバーということになる。それゆえ、名簿は存在しない。運営に必要なのはホームページの費用がほとんどで、そこは有志が出し合っているという。

 参加にあたっては緩い感じのJPOUGだが、れっきとした日本オラクル公認のユーザーグループである。日本オラクルからの資金的な援助はないが、セミナーやイベントの開催には日本オラクルのミーティングルームなどを借りる程度のサポートはある。

 JPOUGの発足は2011年と、比較的新しい。日本オラクルには、1998年に発足した「日本Oracle Applications Users Group(日本OAUG)」というアプリケーション製品群のユーザーグループはあるが、データベース(DB)のユーザーグループはなかった。日本オラクルやDBの歴史を思うと、それまでなかったのが不思議なくらい――ボードメンバーの一人、新久保浩二氏は、そんな思いを抱いていた。「海外にOracle User Groupがあるのに、なぜ日本にはないのだろう」。新久保氏は、海外のOracle User Groupが開催したイベントに参加して、その思いを強くしたという。

 JPOUGの発足以前も、さまざまな企業や団体が主催する小規模な勉強会はあった。国内のDB技術者はそれを頼りにしていたが、それだけではもの足りないということで、自然発生的にJPOUGの設立へと盛り上がっていったという。「やはり、書籍などの情報だけでは満足できない。DBがもつ機能のよし悪しも含めて、実際に活用している人の話などを聞くことができる場がほしかった」と、ボードメンバーの一人、渡部亮太氏は語る。

 同じくボードメンバーの一人、関口裕士氏は、「DBはスペシャリストが少ないので、こういう場はとても貴重だ」という。システム開発の現場では、100人規模のプロジェクトでもDB技術者は一人いるかいないか。日々の仕事で、情報の共有・交換が難しい環境にある。「それでいて、設定のミスは許されないというプレッシャーがある」(関口氏)。情報システムにとって最も重要なデータが集まる部分を預かっていることから、DB技術者の責任は重い。そうしたプレッシャーにさらされた環境で、苦悩を共有できる場を、多くのDB技術者が必要としていたという。

ベンダーに左右されない活動

 JPOUGは、2か月に1回を目標にイベントや勉強会を開催している。日本オラクルのパートナー企業とセミナーを共同開催することもあるが、基本的にはベンダーに左右されない活動をしている。ボードメンバーの一人、諸橋渉氏は、「ベンダーは、立場上、きれいごとを言わなければならない。例えば、新しいバージョンをリリースすれば、ベンダーとしてはユーザーにはバージョンアップしてもらいたい。一方のユーザーは、簡単にはバージョンアップしたくない」と語る。あくまでも、DB技術者同士の情報交換の場であり、日本オラクルの公認組織ではあるが、活動は日本オラクルから独立しているのである。

 それを許す日本オラクルの懐の深さを感じるが、実は、全世界のユーザーグループを包括し、JPOUGも加盟している「The International Oracle User Group Community(IOUC)」をはじめ、各地の組織も同様の方針だという。

 JPOUGの運営を支えるボードメンバーは、現在6人。やりたいと思う人が手を挙げた。セミナーなどをセッティングするが、リーダーシップは執らず、グループをまとめるようなこともしないという。これは情報を預かるシビアな役どころのDB技術者にとって、必要な“緩さ”なのかもしれない。

ボードメンバー6人のうちの5人。
写真左から、インサイトテクノロジーの山下正氏、個人事業主の関口裕士氏、
インサイトテクノロジーの新久保浩二氏、コーソルの渡部亮太氏、
日本ヒューレット・パッカードの諸橋渉氏。



【概要(2013年11月現在)】

入会資格: JPOUGのFacebookページで「いいね!」を押せる人。
入会金: なし
会費: なし
会長: 設定なし
主な活動: セミナーや勉強会などを中心とした情報交換。
会報誌: なし
会員企業数: 不明
発足: 2011年
その他: IOUC(The International Oracle User Group Community、http://www.iouc.org/)に加盟
イベント/セミナー: 月間2回を目標にセミナーや勉強会などを開催している。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)